ニュース

コインベース、LUNAの暴落を受けてUSTとWLUNAの取引を停止へ

terra luna banner image main

5月22日(金)、コインベースは、テラ(LUNA)のエコシステムが経験した大規模なクラッシュを受けて、テラUSD(UST)とラップドルナ(WLUNA)の両方の取引を停止することを発表しました。両トークンの取引停止は、取引プラットフォームの発表からおよそ2週間後の2022年5月27日に開始される予定です。

この発表は、取引プラットフォームの公式Twitterアカウントに投稿され、「Terraエコシステム資産のUSTとLUNAに関わる最近のボラティリティを考慮し、コインベースは2022年5月27日午後12時(東部標準時)頃にCoinbase.com、Coinbase Pro、Coinbase ExchangeでUSTとWLUNAの取引を停止します」とされています。

コインベースウォレットにUSTとWLUNAを入れている人に向けて、同取引所は同じツイッターのスレッドで、「取引停止後も入出金機能が利用できるUSTとWLUNAウォレットへの顧客のアクセスには影響しない」と発表しています。

さらに、「USTとWLUNAに関連する開発を監視し続け、より多くの情報が入手可能になり次第、(顧客に)アップデートする」とも断言しています。

テラUSDは、テラ(LUNA)のエコシステムをベースにしたステーブルコインで、米ドルにペッグされています。不換紙幣と1:1の価格を維持することになっていましたが、暴落し、現在は0.11ドルで取引されています。この大暴落はテラを引きずり、過去1週間で99%以上下落させました。

似たような話では、テラと1:1の値を維持するはずだったラップドルナ(WLUNA)も同様に大暴落しました。

テラUSDは1米ドルの価値を維持するためのものでしたが、米ドルに裏打ちされているわけではありませんでした。その代わり、ルナを準備金として使っているため、1テラUSDを鋳造するために同じ量のルナを燃やさなければならないことを意味します。

仮想通貨取引所最大手のバイナンスは、コインベースとともに、プラットフォーム上でテザーとルナの取引を停止しました。さらに、バイナンスはもともとBUSDを使ったUSTとLUNAの取引も停止していましたが、その後、同日に再開しています。

両コインの暴落前、テラ(LUNA)はマーケットキャップによる仮想通貨のトップ10に含まれていましたが、今日、トップ100から抜け出しました。

最新の仮想通貨のアップデートについてもっと情報が欲しい方は、BTC Postの他の記事もご覧ください!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,981.37 2.33%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,127.25 1.29%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.14%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.998055 0.32%
  • bnbBNB (BNB) $ 235.57 3.81%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.997295 0.15%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.320924 0.95%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.453876 0.42%
  • solanaSolana (SOL) $ 35.51 4.44%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.067081 0.98%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。