ニュース

コインベースのユーザーはハッキングの後、無視される

coinbase users news banner

「ニューヨーク・タイムズ」昨年3月24日の記事では、世界中のコインベースユーザーが自分のアカウントがハッキングされ資金をなくした後、助けを求めている。しかし、被害者はコインベースが彼らの状況を助けるために何もしていないと訴えった。

カレン・ブラウニングが「ニューヨーク・タイムズ」に投稿した記事によると、被害者の1人は弁護士でコインベースの元従業員であるマイケル・ピエールという人が、2020年、番号不明のメールが届き、その後携帯電話の電波が途絶えた。

ハッキングされたと感じる途端、10万ドル相当の資産を保有しているコインベースのアカウントにログインしようとした。それができないとき、彼はコインベースに助けを求めました。

この暗号化事業の創始業者は後で「攻撃者」が彼のパスワードを変更し、彼のアカウントを使い果たしたと答えました。彼はすごく驚き、安全部門が脅威を予見して阻止すべきだとコインベースに言った。

さらに、ピエールがこの事件を調査し、損失した資金の賠償についてコインベースの元同僚に連絡したものの、ほとんど助けを貰えなかった。

2021年1月、ピエールはずさんなセキュリティ対策と資産保護の失敗のことでコインベースを訴えた。彼が攻撃によって失ったデジタル通貨は、今日では40万ドル以上の価値がある。

「リタイア、家族、そして将来の備えを考えています。しかし、数分もしないうちにそれが奪われた」とピエールは「ニューヨーク・タイムズ」に言った。

コインベースのカスタマーエクスペリエンス担当のバイスプレジデントであるカスパー・ソレンセン氏は、同社が「24時間体制の暗号経済と協力し、需要の大幅な増加と相まって、カスタマーエクスペリエンスに一連のユニークなチャレンジをもたらしている」と述べた。

どのような事件や訴訟について扱っているかと問われると、コインベースの担当者はコメントしなかった。しかし、顧客の0.004%が「アカウントの引き継ぎ」を経験しており、携帯電話の攻撃から自分のアカウントを守る方法について教育を受けているという。

この事件は、コインベースが今年の上場申請を準備している決定的な時点で懸念を引き起こしている。

暗号産業は2012年にCEOのブライアン・アームストロング氏によって発表されて以来、着実な発展を遂げた。昨年、コインベースには4300万人のユーザーがおり、利益は3億2200万ドルと推定されています。

最新の仮想通貨に関するニュースとそのアップデートについては、BTC postでご確認ください。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 17,211.96 2.23%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,280.02 3.72%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.03%
  • bnbBNB (BNB) $ 289.29 1.9%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.11%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.999996 0.11%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.391774 1.96%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.098192 2.17%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.314725 1.89%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.927452 4.38%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。