ニュース

9000万ドル相当の暗号資産がLiquid取引所から盗まれる

90 million stolen from liquid

昨年8月19日、日本の仮想通貨取引所であるLiquidは、ハッカーがプラットフォームに侵入し、9,000万ドル相当以上の暗号資産を盗んだことをツイッターで発表しました。同取引所は声明の中で、盗まれた資産は、ハッカーと関係があると思われる4つの異なる仮想通貨ウォレットに転送されたとも述べています。

同取引所のプラットフォームは、ツイッターでこの事件について、「重要なお知らせです。我々は、#LiquidGlobalのウォームウォレットが侵害されたことを発表し、資産をコールドウォレットに移しています。現在、調査中であり、定期的にアップデートを行います。それまでの間、入出金は停止します」と発表しています。

この事件は、Liquidのオペレーションおよびテクノロジーチームが、インターネットに接続されたホットウォレットへの不正アクセスを検知し、午前7時50分(SGT)頃に発見したと報告されています。しかし、同プラットフォームのコールドウォレットはウェブに接続されていないため、手つかずの状態でした。

Liquidは入出金サービスを停止したものの、フィアットの出金と入金は引き続き利用可能であり、取引やリキッド・アーンも利用できるといいます。

「この困難な時期に、お客様、他の取引所、セキュリティ専門家、そしてより広範な暗号コミュニティからの支援に大変感謝しています。Liquidは、今回の事件による影響を緩和し、可能な限り早く完全なサービスを再開するために全力を尽くします」と、Liquidのウェブサイトにアップロードされたブログ記事で述べています。

なお、Liquid社は日本の金融庁の管理下にあるとしているため、暗号資産の損失額は明らかにされていません。しかし、ブロックチェーン分析を行うElliptic社は、盗まれた暗号資産の総額は約9,700万ドルと推定しています。そのうち4,500万ドルは、ハッカーたちによってイーサに変換されています。

Elliptic社によると、ハッカーたちは、UniswapやSushiSwapなどの分散型取引所(DEX)を使って可能な資産の凍結を避けるために、資産をイーサに変換しているという。

Elliptic社は、窃盗犯に関連するアドレスを当社のシステムに追加しており、当社の顧客がこれらの資金を受け取った場合には、確実に警告を発することができます。また、当社の調査員がLiquid社に協力して、盗まれた資金を追跡しています」とElliptic社のウェブサイトに掲載されたブログ記事で述べています。その他の仮想通貨の最新情報はBTC Postでご覧いただけます!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 17,211.96 2.23%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,280.02 3.72%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.03%
  • bnbBNB (BNB) $ 289.29 1.9%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.11%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.999996 0.11%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.391774 1.96%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.098192 2.17%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.314725 1.89%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.927452 4.38%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。