ニュース

仮想通貨大手のGrayscaleが、オンチェーンでの埋蔵量証明の提供は顧客のセキュリティを脅かすと発言

Crypto Giant On Chain Proof of Reserves Threatens Clients Security banner

暗号資産管理大手のGrayscaleは、セキュリティリスクを理由に、埋蔵金の正確なオンチェーン証明を提供することを望んでいないと述べています。

元仮想通貨取引所FTXが顧客資金の取り扱いを誤っていたことが発覚して以来、他の取引所や企業は、顧客に支払能力を保証するために埋蔵量の証明を提供するように動いています。

Twitterのスレッドで、Grayscaleは、同社の製品の基礎となるすべてのデジタル資産はCoinbase Custody Trust Companyの保管下に保管されていますが、セキュリティ上の理由から、同社はその準備金の暗号化証明を公開しないとしています。

Grayscaleは、「Coinbaseは頻繁にオンチェーン検証を行っています。セキュリティ上の懸念から、我々はそうしたオンチェーンウォレット情報や確認情報を、暗号学的なプルーフオブリザーブ、あるいは他の高度な暗号学的会計手続きによって一般に公開することはありません。

私たちは、特に上記の点が一部の人にとって残念なことであることを知っていますが、他の人に端を発したパニックは、私たちの投資家の資産を何年にもわたって安全に保ってきた複雑なセキュリティの取り決めを回避する十分な理由にはなりません。」

Grayscaleは、BitcoinTreasuries.netによると、BTCの最大のパブリックホルダーであり、635,256枚のコインを保有しており、総供給量の3%以上を占めているとのことです。しかし、Grayscaleのビットコインウォレットは、BinanceやBitfinexのような他のいくつかの大規模な事業体とは異なり、一般には知られていない。

Grayscaleは、デジタル資産の貸し出し、取引、再預託を行わず、Bitcoin TrustのBTCはすべてTrustのみが所有しているという。

「Grayscaleの各デジタル資産商品は、別々の法人として構成されています。各単一資産商品は法定信託、各多元デジタル資産商品は有限責任会社で、Grayscaleの投資家がスポンサーまたは管理しますが、最終的には商品の株主によって所有されます。

例えば、グレースケール・ビットコイン・トラスト(OTCQX: GBTC)はビットコインを保有しており、ビットコインのみを保有していることになり、各株は2022年11月18日時点でGBTCの1株あたり約0.00091502BTCという信託の保有量に比例して裏付けされています。完全に明確にしておくと、これらのデジタル資産はGBTCとGBTCだけが所有しています。」

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 16,524.51 0.41%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,210.59 0.76%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.02%
  • bnbBNB (BNB) $ 313.33 0.56%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.02%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.12%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.400727 1.74%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.097398 4.83%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.318296 0.42%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.855817 0.81%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。