ニュース

仮想通貨ヘッジファンドのCIOは、投資家から1億ドルを詐取するという事実を認めた

crypto hedge fund

米国司法省(DOJ)は2月4日に、仮想通貨ヘッジファンドの創設者であるStefan He Qin氏(オーストラリア国民)が、1億ドル相当の投資を詐取したことを認めたと発表した。

Qin氏は、ニューヨーク市に拠点を置くヘッジファンドVirgil SigmaとVQR Multistrategy Fund LP(VQR)から投資家の資産を盗んだとして、DOJによって証券詐欺の罪で起訴された。

両社のヘッジファンドの24歳の最高情報責任者(CIO)は、ヴァレリ・カプロニ裁判官が主宰するマンハッタン連邦裁判所で証券詐欺を行ったことを認めた。裁判所はまだ彼の罰則を決定していないが、DOJの起訴によると最大20年の懲役刑を科す恐れがある。

「Stefan He Qinは所有していた9000万ドル相当の暗号通貨ファンドのほとんどの資産を使い果たし、投資家のお金を盗み、投機的な個人投資に使用し、ファンドのパフォーマンスと処理方法を投資家に嘘を付いた」と、このケースを扱っている米国の弁護士の一人であるAudrey Strauss氏は述べていた。

2017年、QinはVirgil Sigmaから資産を盗み、暗号通貨対象外の取引に投資した。彼はこれらの資金を横領し、食料やアパートの家賃などの個人的な費用に使用した。

「法廷で認めたように、彼は前のファンドから詐欺された投資家の償還要求を満たすために操縦していた別のファンドからお金を盗もうとしていた。危なっかしい計画全体が明らかになり、Qinは今、詐欺罪による判決を待っている」とQinが連邦裁判中に有罪を認めた後、Strauss氏は指摘した。

詐欺罪の追跡を隠すために、彼は投資家に毎月の声明を送信したが、これらの声明は両社のヘッジファンドの暗号通貨取引の結果を正確に反映していない。また、Virgil Sigmaが獲得していた「目覚ましい利益」を誤報した摘要報告を含むマーケティング資料を準備した。

DOJがウェブサイトに掲載したレポートによると、Qinは2020年の夏にVirgil Sigmaの投資家からの償還要求を満たすことを試していた。

投資家への不正行為を隠すために、彼はもう一つのヘッジファンドであるVQRから資本を盗むことで償還した。「Virgil Sigmaから資金を引き出すのではなく、VQR投資に移行するほうがいい」とQinは投資家を説得させた

その時、この声明が機能していなかった。Qinは電信送金のリクエストを偽造し、「送金をリクエストしたが、処理が遅れた」と投資家を納得させた。

「Qinは長年にわたってこの非難されるべき犯罪計画を組織し、投資家の苦労して稼いだお金を盗みながら、約束で投資家を欺き、投資家を詐欺性質のある暗号通貨会社に数百万ドルを投資するように説得した」と国土安全保障省(HSI)の特別捜査官であるPeter C. Fitzhugh氏は述べていた。

彼が証券詐欺で有罪を認めたことを考慮し、Fitzhughは、DOJ Webサイトに掲載されたプレスリリースを通じて、HSIとそのパートナーが彼らの計画を公開し、正義を高揚することを詐欺師に思い出させた。

Caproni裁判官がQinの判決を決定し、今から3か月後の2021年5月20日にに発表される予定。

BTC Postで仮想通貨の速報を常に取得してください。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 20,008.00 0.48%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,088.47 3.81%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.17%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.12%
  • bnbBNB (BNB) $ 217.59 0.92%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.06%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.325697 2.71%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.458708 1.85%
  • solanaSolana (SOL) $ 32.47 7.35%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.066580 1.8%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。