ニュース

仮想通貨金融機関、出金凍結で再編も視野に

Crypto lender freezes withdrawals eyes restructuring banner image

Coinbase Inc.が支援する仮想通貨金融機関VAULDは、引き出しを凍結し、リストラの可能性を探るためにアドバイザーを雇い、Celsius NetworkからBabel Financeまで、市場の低迷を生き残るために最後の手段に訴えるライバルに加わったと発表しました。

シンガポールに拠点を置く同社は、財務アドバイザーとしてKrollを、法律アドバイザーとしてCyril Amarchand Mangaldas and Rajah & Tann Singapore LLPを雇ったと、Darshan Bathija最高経営責任者が月曜日のブログ記事で述べています。同プラットフォームでの出金、取引、預け入れはすべて停止されています。

Vauldの動きは、同社が「通常通り引き出しを処理しており、今後もそうである」と述べてから3週間もたたないうちに取られました。この転換は、価格の急落がこのセクターに波及し、CelsiusからヘッジファンドのThree Arrows Capitalに至るまで、様々な企業を屈服させるスピードであることを示唆しています。

「我々は常に流動性管理に対してバランスの取れた保守的なアプローチをとってきました。強気と弱気は避けられないもので、こうしたサイクルを考慮したファンダメンタルズ的に強力な戦略を展開しています」。

顧客を安心させるためのその試みのすぐ後に、Vauldはその従業員の30%を削減する計画を発表しました。 仮想通貨市場は、Vauldの最新の発表に対して穏やかな反応を示し、ビットコインは月曜日のロンドン午前10時30分に1.3%低い19,180ドルで取引されました。最大の仮想通貨は、11月のピークから70%以上暴落しています。

2018年にBathija氏とSanju Kurian氏によって設立されたVauldは、仮想通貨の貸し出しと預金製品を提供しています。昨年7月にPeter Thiel氏のValar Venturesが主導したシリーズA資金調達ラウンドで2500万ドルを調達しました。Coinbase Venturesもこの資金調達に参加していました。Bathija氏は先週月曜日のブログ記事で、市場環境が悪化した6月12日以降、Vauldでは「1億9770万ドルを超える」顧客の引き出しがあったと述べています。同CEOは5月にBusinessLine紙に対し、運用資産を10億ドルから50億ドルに引き上げることを目標にしていると語っていました。また、投稿によると、同社は潜在的な投資家と交渉中だといいます。Bathija氏は、シンガポールの裁判所にモラトリアム(一時停止)を申請し、「提案されている再建策を実行するための息抜きをする予定だ」と述べた。

Vauldは、担保融資に関連するマージンコールを満たす必要がある顧客の預金について、「特別な手配」をする予定だという。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 16,972.74 1.9%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,254.03 3.25%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.06%
  • bnbBNB (BNB) $ 288.11 2.5%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.05%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.383881 2.46%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.100467 6.12%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.316800 3.22%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.908158 3.14%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。