ニュース

「クリプトママ」がリップルのトークンは有価証券である必要はないと発言

ripple crypto mom banner

「クリプトママ」としても知られる米国証券取引委員会(SEC)のコミッショナー、ヘスター・ピアース氏は、昨年6月21日のBloombergとのインタビューで、XRPトークンは有価証券トークンとみなされずに投資契約の一部として販売できると表明しました。

「暗号資産が有価証券であると考えるとき、私たちがしていることは、投資契約の一部として販売されていると言うことです。必ずしも資産そのものが証券でなければならないということではありません。つまり、証券として販売されていたということです」とピアース氏は説明します。

しかし、ピアース氏の発言は、2020年12月22日にSECが発表した共同訴訟には反映されていません。提出された訴状からの抜粋では、SECの規制がXRPの中央集権的な性質をみなして、XRPを証券資産としたと書かれています。

「証券取引委員会は今この瞬間、リップルラボ社とその幹部2人(彼らはさらに重要な安全保有者である)に対して、彼らが無登録の継続的なデジタル資産の証券提供によって13億ドル以上を調達したと主張する申し立てを行ったことを紹介した」と述べています。

しかし、リップルラボ社が3月4日に提出した裁判書類によると、彼らはICOを組織しておらず、XRPトークンは主にクロスボーダー取引に使用されているため、有価証券トークンとして機能していません。

SECとリップル社の法廷闘争に関連して、米国下院は4月、ノースカロライナ州代表のPatrick Mchenry議員が提案した「Eliminate Barriers to Innovation Act」を可決しました。

この法案は、SECとCommodity Futures Trading Commission(商品先物取引委員会)が協力して、デジタル資産を取引する際に投資家を保護し、デジタル資産を規制する際に不明確な裁定を防ぐためのグループを作ることを義務付けています。

金融サービス委員会のマクシーン・ウォーターズ米下院議員は6月16日、設立された委員会は、CBDC、デジタル資産、仮想通貨が通貨システムの再構築に大きな役割を果たしているかを評価する責任を負うと述べました。同氏は、このグループが規制当局や暗号の専門家と「エンゲージ」して、人々の間でより多くの認識を生み出すと述べています。

BTC Postでは、仮想通貨分野の最新情報をお届けします。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,429.81 3.25%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,058.56 6.3%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.02%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.999337 0.16%
  • bnbBNB (BNB) $ 210.96 4.25%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.42%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.318929 3.5%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.451734 3.73%
  • solanaSolana (SOL) $ 31.80 9.76%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.065165 0.57%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。