ニュース

Crypto Twitter、主流メディアに押されたSBFの「パフピース」に不満

crypto twitter unhappy with sbf banner

サム・バンクマン・フリード(SBF)がFTX帝国を築くために行った詐欺に世界が気づいたとき、仲間の起業家、投資家、長年の信奉者は一致して、仮想通貨エコシステムの信頼性に生じた損害を認めました。一方、否定的な憶測で仮想通貨を攻撃することが多い主流メディアは、一般大衆が被った数十億ドルを超える損失には目もくれず、SBFの味方をしたように見えます。

SBFは、彼がかつて家と呼んでいたコミュニティであるCrypto Twitterとの交流を拒否していますが、彼は11月14日にニューヨークタイムズ(NYT)の記事で取り上げられ、仮想通貨取引所FTXの下落につながった一連の出来事について説明しようと試みました。SBFが米国の政治と強い結びつきがあることから、多くの人がバイアスを疑ったためです。

ブルームバーグのジャーナリスト、トルン・ファンが正しく指摘したように、「SBFのパフピース」は、この起業家が犯したさまざまな詐欺や犯罪に触れていないのです。その代わり、NYTは誰も予想しなかった角度から報道することを選択しました。

ポリゴン・スタジオのCEOライアン・ワイアット、エンジェル投資家バラジ・スリニバサン、億万長者イーロン・マスクなどの仮想通貨起業家たちは、NYTが物語を変えようとしていると公然と批判しました。明白なことを指摘したワイアットは、SBFがいかに重大な金融犯罪を犯したかをNYTの著者に説明し、こう付け加えました。

「影響を受けたすべての人たちに対する冒涜であり、彼が単純なミスを犯したかのように、このすべてをさらりと流してしまうのはがっかりだ」。

スリニバサンは、ニューヨークタイムズがサム・バンクマン・フリードの犯した犯罪を隠蔽していると非難しました。「SBFの言うことは何も信用できない。NYTの言うことも信用できない」とスリニバサンは言い、Crypto Twitterに偽情報を広めたメディアを大量にブロックするよう依頼しました。

話題のイーロン・マスクは、最近購入したソーシャルメディア上で簡単な質問をすることで、上記の非難を確固たるものにしました。

「なぜパフピース@nytimesなのか?」

起業家が仮想通貨エコシステムに引き起こされた破壊を是正しようとしている時に、コミュニティは物語を変えようとする主流メディアの試みに目を光らせているのです。CNBC、The Financial Times、The Wall Street Journalなどの他の主流メディアは、SBFの悪行について正確に報道していることに注目することが重要です。

11月14日に行われたAsk Me Anything(AMA)セッションで、バイナンスのCEOであるチャンポン・ジャオは、FTXのような悪質業者を純粋に非難するのではなく、投資判断に責任を持つよう投資家に求めています。

「ユーザーである自分にも責任がある。すべての責任を他人のせいにすることはできない。悪いことが起きたとき、その責任をすべて他人のせいにしていたら、いつも成功することはない」とCZは説明しました。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 57,160.00 4.88%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 3,249.14 2.33%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.16%
  • bnbBNB (BNB) $ 395.06 0.72%
  • solanaSolana (SOL) $ 107.98 1.2%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.587915 7.05%
  • staked-etherLido Staked Ether (STETH) $ 3,249.07 2.38%
  • usd-coinUSDC (USDC) $ 0.999948 0.34%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.624947 1.31%
  • avalanche-2Avalanche (AVAX) $ 39.15 0.57%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。