ニュース

ビットコイン、他の仮想通貨と共に勢いを失う

ビットコイン(BTC)は、先週の土曜日(5月29日)に取引価格が33,425ドルに落ち込み、再び低迷しました。2日後には上昇し、36,000ドルの大台を超えましたが、その勢いを維持することができず、その後24時間以内に33,000ドルまで下落しました。これは、5月の1ヶ月間でこれまでに40%の下落となり、ビットコインにとっては2011年以来最大の低迷となりました。

一方、イーサ(ETC)も記事執筆時点で2,290ドルまで下落しており、昨年5月12日につけた最新の史上最高値4,356ドルから17%も下落しています。ニュース誌「India Today」に掲載されたデータから、XRP(リップル)、ドージコイン(DOGE)、カルダノ(ADA)などの他の人気仮想通貨は、現在、それぞれ1.02ドル、0.41ドル、1.73ドルで販売されています。

暗号市場の変動に影響を与えた要因としては、中国が仮想通貨の取引やマイニングファームを突然取り締まったことが挙げられます。5月21日、国務院副総理のLiu He氏は、委員会において、金融リスクへの対策として、「ビットコインのマイニングと取引行為を取り締まる」計画を発表しました。

さらに、テスラモーターズ社のCEOであるイーロン・マスク氏は、5月13日にツイッターでビットコインのマイニングが環境に与える影響についてコメントし、仮想通貨業界にマイナスの影響を与えました。この電気自動車会社は、環境問題を理由に、支払い方法としてビットコインの受付を停止しました。

また、メディアニュースサイト「Yahoo!Finance」が報じたように、ドバイの投資家に仮想通貨詐欺の警告が広がったことで、BTCの取引価格が下落しました。DubaiCoin(DBIX)と呼ばれる仮想通貨は、「ドバイの公式デジタル通貨」と呼ばれて多くのトレーダーの注目を集めました。ドバイ政府とArabianChainは、同デジタル資産への関与を否定しています。

政府は昨年5月28日にツイッターで、DubaiCoinは「承認されていない」「明らかに『フィッシング詐欺』である」と発表し、投資家の個人情報を盗もうとする意図的な試みであると警告しました。CoinMarketCapのような大規模な上場プラットフォームはこの事件の後、この仮想通貨をサイトから取り除きました。

BTC Postで閲覧する際には、最新の仮想通貨ニュースや仮想通貨の最新情報を見逃さないようにしましょう! 仮想通貨について知りたいことはすべてここで見つかります。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 38,113.00 3.38%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 2,368.99 3.56%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.05%
  • binance-coinBinance Coin (BNB) $ 357.83 1.06%
  • cardanoCardano (ADA) $ 1.50 2.59%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.306800 2.21%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.848990 1.16%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.01 0.22%
  • polkadotPolkadot (DOT) $ 22.55 6.04%
  • uniswapUniswap (UNI) $ 21.90 4.38%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。