ニュース

Roninのハッキングの背後にサイバー犯罪グループLazarus

Cybercrime Hackers Lazarus Banner

米国当局は、600,000,000米ドル以上の仮想通貨が盗まれたRonin Bridgeのハッキングについて、北朝鮮のサイバー犯罪集団Lazarusが関与していると主張しました。2022年4月14日、米財務省外国資産管理局は特別指定国民および資格停止者(SDN)リストに同ハッキング事件に関与したとされる特定のイーサリアムアドレスを制裁対象として追加しています。

この最近の動きは、ウォレットプロファイラーNansenが制裁対象とされたアドレスを「Ronin Bridge Exploiter」として特定したことに端を発します。その直後、Chainalysisは「(そのアドレスは)攻撃中にRonin Bridgeのスマートコントラクトから173,600ETHと2550万USDCを受け取った」というツイートを投稿しています。

「我々は、将来のリスクを軽減するために、Ronin Bridgeを再展開する前に、追加のセキュリティ対策を追加している最中です。月末までにブリッジが配備されることを期待しています。セキュリティが最優先です。このスケジュールは、いくつかのセキュリティ対策の実施時間に基づいて変更される可能性があります」と、Ronin Networkはブログ投稿で述べています。

しかし、Lazarusグループが同様のネットワーク攻撃や仮想通貨の盗難を行ったのは今回が初めてではありません。Chainalysisが発表した最近のレポートによると、同ハッカー組織は2021年に異なるプラットフォームで約4億ドル相当のデジタル資産を盗み出したといいます。これらの攻撃は、マルウェア、フィッシングルアー、コードエクスプロイト、そして複雑なソーシャルエンジニアリングを利用して、ホットウォレットから資金を引き出し、DPRKが管理するアドレスに送金していました。

米連邦捜査局(FBI)によると、これらの仮想通貨関連犯罪は、金正恩政権が弾道ミサイル計画を維持するのを支援するために実行されているといいます。

「FBIは、財務省や他の米国政府のパートナーと連携して、北朝鮮が政権のために収益を上げるためにサイバー犯罪や仮想通貨の盗難などの不正な活動を利用していることを暴露し、その撲滅に引き続き取り組む」とFBIは声明で述べています。

この攻撃は現在、仮想通貨史上最大のハッキングの1つとされ、アクシー・インフィニティの作成者であるSky Mavisは資金を失ったユーザーに450,000,000米ドルを返済することを余儀なくされています。Binanceが主導し、ハッキングを解決するために150,000,000米ドルを調達することに成功しました。BTC Postにアクセスすると、仮想通貨ニュースや仮想通貨の最新情報を入手することができます!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 57,344.00 5.49%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 3,253.95 2.5%
  • tetherTether (USDT) $ 0.999607 0.07%
  • bnbBNB (BNB) $ 395.30 0.67%
  • solanaSolana (SOL) $ 108.13 1.13%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.594480 8.38%
  • staked-etherLido Staked Ether (STETH) $ 3,251.86 2.53%
  • usd-coinUSDC (USDC) $ 1.00 0.21%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.626976 1.77%
  • avalanche-2Avalanche (AVAX) $ 39.13 0.56%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。