ニュース

Dogecoinが出資するSpaceX社の月面ロケット、2022年に打ち上げへ

Geometric Energy Corporation(GEC)が、イーロン・マスク氏の宇宙輸送会社であるSpaceX社との提携によるプロジェクト「DOGE-1 Mission to the Moon」を発表したことを受けて、Dogecoinは2022年に宇宙へ向かうことになります。

5月9日、製造・物流企業であるGEC社は、PR Newswireへのプレスリリースで、この40kgの衛星をSpaceX社のFalcon 9ロケットで月に打ち上げるというプロジェクトがDogecoinによる支払いで完全に賄われることを発表しました。

これに続いて、マスク氏が自身のTwitterアカウントを通じて、「SpaceX launching satellite Doge-1 to the moon next year – Mission paid for in Doge – 1st crypto in space – 1st meme in space(SpaceXが衛星Doge-1を来年月に打ち上げる – Dogeで賄われるミッション – 仮想通貨が初めて宇宙に – 宇宙での初めてのミーム)」と発表しました。

さらに、両社は、両社間のすべての月面ビジネスの金融取引手段としてDogecoinを選択しました。

GECの最高経営責任者であるサミュエル・リード氏は声明の中で、「このような大規模な取引のためにDogeを正式に使用したことで、ジオメトリック・エナジー・コーポレーションとスペースXは、宇宙分野における月面ビジネスの会計単位としてDogeを確固たるものにしました」と述べています。

さらに、SpaceX社の商業販売担当副社長であるトム・オチネロ氏は、「このミッションは、地球軌道を超えた仮想通貨の応用を実証し、惑星間商業の基盤を築くものです」と、このプロジェクトへの期待を表明しています。

両社は、このミッションは、将来の月や火星でのミッションの先例となるとしています。さらに両社は、特に従来の金融機関が融資できない高度な月面ミッションにおいて、ミーム通貨は迅速で信頼性の高いデジタル取引手段であると述べています。

エイプリルフールのジョーク発表

Dogecoinの長年の支援者であるマスク氏は、先月のエイプリルフールにSpaceXの計画をツイートしました。

「SpaceX is going to put a literal Dogecoin on the literal moon(SpaceXは、文字通りDogecoinを文字通り月に置くつもりだ」とマスク氏がツイートしたことで、このデジタルコインの価値は32%上昇しました。

しかし、この上昇は長くは続かず、マスク氏が米国のスケッチショー「サタデー・ナイト・ライブ」に出演した後、Dogecoinの価値は低迷しました。自称「Dogefather」はミーム通貨について「hustle(面倒)」と言及したため、Dogecoinの価値は3分の1に落ちてしまいました。

これにもかかわらず、Coin Market Capによると、Dogecoinはまだ上位の仮想通貨リストの4位に位置しています。本稿執筆時点で、このデジタルコインの価値は0.5米ドルで、市場価値は710億米ドルです。

BTCpostをフォローして、より多くの仮想通貨のアップデートとニュースをご覧ください!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 37,891.00 3.99%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 2,353.55 4.51%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.11%
  • binance-coinBinance Coin (BNB) $ 354.71 2.19%
  • cardanoCardano (ADA) $ 1.49 3.29%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.304517 3.12%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.843267 2.19%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.2%
  • polkadotPolkadot (DOT) $ 22.34 6.98%
  • uniswapUniswap (UNI) $ 21.71 5.24%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。