ニュース

ドバイの仮想通貨規制当局がメタバース上に本部を新設

sandbox banner image main

5月3日(火)、ドバイの暗号規制委員会、仮想資産規制庁(VARA)はメタバースに本部を設置しました。設立された本部はMetaHQと名付けられ、The Sandboxプラットフォーム上の未知の場所に作られる予定です。

ドバイの皇太子であるシェイク・ハムダン・ビン・モハメド・ビン・ラーシド・アル・マクトゥーム氏は、5月3日に自身の公式サイトでこの展開を発表し、VARAのMetaHQ設立がドバイと世界の両方で初めてであることを強調しました。

「今日、VARAはメタバースに参加し、ドバイ、そしてメタバース初の政府機関となり、ドバイ政府が現代のイノベーションを利用してサービスを拡張する新しい時代の到来を告げます」とマクトゥーム氏は話しています。

また、同じ声明で皇太子は、「VARAのリソースをメタバースを通じて国境なき聴衆に拡大することで、ドバイは分散型規制当局モデルのプロトタイプを作り、グローバルな当局、ガバナンス・カストディアン、業界のシェーパーといった国際的なソートリーダーに参加、知識交換、問題解決を共同で行うよう呼びかけ、ダイナミックな仮想資産セクターによる経済の回復力を高め、社会統合を促進し、環境持続性への対応を可能にします」とも述べています。

WAM通信に対するVARAの声明によると、MetaHQの目標は、ドバイのユーザーがメタバースという新興の仮想世界に安全に適応できるようにすることだとしています。彼らはプラットフォーム上のさまざまなリソースにアクセスできるようにすることで、その目標を達成しようと考えています。

The Sandboxプラットフォームの共同創設者であるSebastien Borget氏は、5月3日のツイートで、「ドバイの仮想資産規制庁(VARA)とUAEの進歩的な使命を目撃し、オープンメタバースにおける最初の規制当局となることで現在のグローバルな動きを可能にするイノベーションの最前線に身を置くことに興奮しています」』と規制委員会を歓迎しました。

暗号資産規制庁(VARA)は、国内のすべての仮想通貨取引を監督する監視機関を持つために、3月に発足したばかりです。さらに、ノンファンジブルトークン(NFT)を含むドバイの各仮想資産の取引も監視しています。

一方、The Sandboxプラットフォームはイーサリアムブロックチェーン上に構築されており、2021年11月にローンチされました。世界中の人々がバーチャルに会い、ゲームをし、土地の区画を購入し、そして最も重要なことは仮想通貨を獲得することを可能にしたのです。このプロジェクトはポジティブに受け止められ、発売日にはすでに合計約16,000人が土地の区画を購入しています。このプラットフォームは、ソフトバンク・ビジョン・ファンドからの資金提供により立ち上げられました。

発売以来、世界的に有名なラッパーのSnoop DoggやスポーツウェアブランドのAdidasなど、さまざまな支持者を獲得しています。

最新の仮想通貨ニュースやアップデートに関するコンテンツをもっと知りたい方は、ここBTC Postで私たちが提供している他のコンテンツも気軽にチェックしてみてください!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,402.30 0.69%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,327.40 0.62%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.03%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.01%
  • bnbBNB (BNB) $ 284.21 0.14%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.476680 0.69%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.999453 0.31%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.434376 0.92%
  • solanaSolana (SOL) $ 32.96 2.95%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.062804 3.78%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。