ニュース

イーロン・マスク氏、仮想通貨規制について米国政府に「何もしないでください」と伝える

elon musk us government banner

昨年9月28日にビバリーヒルズで開催されたコード・カンファレンスにおいて、テスラ社のCEOであるイーロン・マスク氏は、ニューヨークタイムズ紙のコラムニストであるKara Swisherから、米国の仮想通貨市場における政府の規制についての意見を聞かれ、マスク氏は「私は何もするべきではないと言うだろう」と答えました。

報道によれば、マスク氏は、米国政府は当面、仮想通貨規制を避けて通るべきだと考えています。これは、中国での最近の取り締まりに関する意見とは別に、億万長者が聞かれた質問のひとつに過ぎません。

「仮想通貨を破壊することはできませんが、政府がその進歩を遅らせることは可能だと思います」とマスク氏はコメントしています。

この発言は、今年初めに米証券取引委員会(SEC)のゲーリー・ゲンスラー委員長などが提唱した規制の枠組みを示唆している可能性があります。これは、仮想通貨の使用をSECのような米国の管理機関が規制することを目的としたものです。

「投資家を保護するために登録したり、規則を書いたりする権限はありません。投資家は規制を強化することで利益を得ることができます」とゲンスラー氏は2020年5月の声明で述べています。また、米国の財務省は、最新の税制計画に仮想通貨に関する項目を盛り込んでいます。

現在のところ、米国にはデジタル通貨の使用と規制に関する厳格な、あるいは具体的な規則はありません。ほとんどの仮想通貨プラットフォームや取引は、不換紙幣の取引にも適用される一般的な規制に該当します。

マスク氏は熱心な仮想通貨支持者として知られており、昨年はドージコインやその他のデジタル通貨も支持して話題になりました。今年初め、テスラは15億ドル相当のビットコインを購入し、数カ月後には約2倍になりました。

さらに、テスラ社は2020年2月に、同社で購入する際の支払い手段としてビットコインを受け入れることを発表しました。しかし、環境問題を理由に、わずか3ヵ月後にこの決定は撤回されました。

マスク氏は最近、テスラ社が将来的に支払い手段として仮想通貨を受け入れる可能性が高いと述べています。「仮想通貨には価値があると思いますが、救世主の再来とまでは言いません」とコメントしています。

BTC Postでは、最新の仮想通貨のニュースやアップデートをお届けします! 

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,429.81 3.25%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,058.56 6.3%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.02%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.999337 0.16%
  • bnbBNB (BNB) $ 210.96 4.25%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.42%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.318929 3.5%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.451734 3.73%
  • solanaSolana (SOL) $ 31.80 9.76%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.065165 0.57%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。