ニュース

イーサリアムのマージは、仮想通貨に対する一般の人々の見方を高めるかもしれない

Ethereums Merge May Boost Publics View of Crypto Banner

ジャーナリストで作家のLaura Shin氏によると、マージと呼ばれるイーサリアムブロックチェーンのソフトウェアアップデートは、ネットワークと仮想通貨全般の両方に対する一般の人々の認識を変える可能性があるそうです。

「Unchained」ポッドキャストのホストで、イーサリアムの歴史についての本「The Cryptonians」の著者であるShin氏は、水曜日にCoinDesk TVの番組「First Mover」で、「これには多くのことがかかっています」と述べました。

9月15日頃に予定されているマージは、イーサリアムのエネルギー使用量を大幅に削減し、イーサ(ETH)の価格、ネットワークのセキュリティ、仮想通貨の全体的な信頼性を高めると支持者は主張しています。

イーサリアムは、プルーフ・オブ・ワーク方式からプルーフ・オブ・ステーク方式に移行することで、ネットワークのエネルギー消費量を99.95%も削減できると試算されています。これは仮想通貨に対する見方を変えるかもしれません。Shin氏は、「プルーフ・オブ・ワーク型のブロックチェーンを維持するには環境コストが高い」という認識がまだ残っていると指摘し、開発者がその認識を覆すことができれば、「それは大きなことだ」と付け加えています。

しかし、この変化は代償なしでは生まれないかもしれません。マージを前に、一部のユーザーは「中央集権的な要因につながる」と懸念していると、Shin氏は述べています。LidoやCoinbase(COIN)などの流動性ステーキングプールプロバイダーが、イーサリアムの運営方法についてより大きな役割を担うかもしれません。

Shin氏によると、ユーザーはLidoのようなプラットフォームが「ステークされたイーサの80%」を取る可能性を心配しており、オンチェーンガバナンスについて「大きな懸念」が生じているとのことです。

「Lido自体はLDOトークンでオンチェーンガバナンスを行っています。イーサリアムにはオンチェーンガバナンスがありません」とShin氏は述べています。

「特にガバナンスにおいて、イーサリアムが中央集権的になってしまう懸念がある」と指摘しています。

また、マージが成功すれば、イーサリアムの競合、いわゆる「イーサリアムキラー」への関心が薄れる可能性があるとShin氏は述べ、マージによる「壮大な失敗」が起こらない限り、他のネットワークが「離陸」することはないと考えていることを付け加えました。CardanoやPolkadotといった競合するブロックチェーンは、数年前にイーサリアムの創設に関わった人々によって設立されたものです。

「ブロックチェーンのネットワーク効果の多くは、関与した個人をめぐる認知に大きく左右されます」とShin氏は言います。「それは、イーサリアムマージが成功した場合にのみ強化されるでしょう。」

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 57,344.00 5.49%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 3,253.95 2.5%
  • tetherTether (USDT) $ 0.999607 0.07%
  • bnbBNB (BNB) $ 395.30 0.67%
  • solanaSolana (SOL) $ 108.13 1.13%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.594480 8.38%
  • staked-etherLido Staked Ether (STETH) $ 3,251.86 2.53%
  • usd-coinUSDC (USDC) $ 1.00 0.21%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.626976 1.77%
  • avalanche-2Avalanche (AVAX) $ 39.13 0.56%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。