ニュース

ロンドンアップグレードが近づき、イーサリアムの価格が急上昇

ethereum banner main news

去る7月5日、CoinGeckoのアップデートによると、イーサ(ETH)の価格は2週間ぶりの高値に跳ね上がり、2,390米ドルに達しました。この価格の上昇は、今年7月にリリースされる予定のEthereum 2.0のロンドンアップデートに起因するものです。

7月7日、イーサリアムのコミュニティマネージャーであるティム・ベイコが、クライアントチームがすでにアップグレードを承認したと発表した後、イーサは再び4.83%上昇し、2,398米ドルまで上昇しました。

さらに、イーサリアムは、8月4日に予定されているリリースの前に、このプロジェクトに対する深刻な異議がないことを確認しています。 コミュニティマネージャーは、昨年7月9日に開発者会議が開催されたことから、ユーザーにさらなるアップデートに注目するように促しました。

ロンドン・ハードフォーク・アップデートは、イーサリアム2.0がプルーフ・オブ・ワークからプルーフ・オブ・ステークのコンセンサス・メカニズムに移行する際のロードマップの一部です。実装時には、ETH 1.0チェーンの手数料市場の変更(EIP-1559)を筆頭に、5つのEthereum Improvement Protocols(EIP)が導入されます。

EIP-1559がもたらす新しいガス料金モデルは、イーサリアムブロックチェーンをデフレにします。さらに、ETHガス料金の急激な高騰を抑制するために、ロンドンアップデート後に「基本料金」の仕組みが追加されます。しかし、ガス料金の一部を燃やすというコンセプトは、マイナーの怒りを買い、複数のTwitterユーザーが、イーサリアムのネットワーク管理者によるマイナーへの対応に「絶対的な嫌悪感」を表明しました。

あるTwitterユーザーは、「我々は必要な存在であり、このネットワークを安全かつ高速に維持している。我々には利益を得る資格がある」と投稿した人もいました。マイナーからの抗議にもかかわらず、このアイデアはETHの投資家やトレーダー、イーサリアムのブロックチェーンで大規模な取引を行っているDeFiのユーザーから好評を博しました。

ロンドン・ハードフォーク・アップグレードは、まずテストネットで実施されました。ロンドン・ハードフォーク・アップグレードは、メインネットに導入される前に、まずテストネットであるRopsten、Goerli、Rinkebyに実装されました。「Rinkeby」のテストリリースは昨年7月7日に実施され、「Ropsten」と「Goerli」のアップグレードはそれぞれ6月24日と6月30日にリリースされました。メインネットへの展開については、イーサリアムはまだ正確な日付を公表していません。

仮想通貨業界の最新ニュースをチェックするには、BTC Postをチェックしてください。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 21,259.00 0.62%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,222.62 2.05%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.06%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.01%
  • bnbBNB (BNB) $ 237.63 1.36%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.363428 1.33%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.23%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.504387 3.57%
  • solanaSolana (SOL) $ 40.27 0.38%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.073621 10.23%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。