ニュース

イーサリアムがシステムのバグを回避するために2つのチェーンに分割される

ethereum main image

8月27日、市場2位の仮想通貨であるイーサリアムでネットワークの分裂が発生しました。8月30日のForkastニュースの報道によると、この分裂は、Go Ethereum(Geth)の古いネットワークノードが、イーサリアムのネットワークの1.10.7バージョンにバグが検出された後、8月24日にリリースされたHades Gammaパッチへのアップグレードに失敗したために起こりました。

このアップグレードの失敗により、メインネットと古いGethノードの間でフォークが発生し、イーサリアムのチェーンが2つに分かれてしまいました。イーサリアムのノードの約4分の3はGethで占められており、バージョン1.10.7はGethのノードの48%にあたります。つまり、35%のノードがまだアップデートされていないということになります。

この分裂はユーザーにとって懸念材料となり、イーサリアムの共同創設者であるConsensys Systemsの創設者兼CEOのジョセフ・ルビン氏が8月29日にBloombergに送ったメールによると、「このチェーンフォークは、二重支出を実行し、プロトコルによって自然に修正される前にシステムからお金を引き出す可能性が高くなるという、1つの小さな脆弱性を開いた」とのことです。

ルビン氏はまた、このバグを悪用しようとする試みがあったことにも言及し、イーサリアムチームが必要なアップグレードを行うことで、この問題はすぐに解決されるので、ユーザーは心配する必要はないと述べています。

Go Ethereumの公式Twitterアカウントは、この状況についてユーザーに報告し、「チェーン・スプリットが発生しました」とツイートし、「この問題は、先に発表されたv1.10.8のリリースで解決されています。まだ更新していない方はノードを更新してください!」とコメントしています。

仮想通貨ニュースサイト「The Block」は8月27日、イーサリアムのノードの半数以上が、ある時点でこのバグを実行していた可能性があると報じました。The Blockの報道とイーサリアムのコア開発者であるTim Beiko氏の声明では、バグを悪用したいくつかのアドレスまで特定されており、その中には間違ったバージョンのイーサリアムでマイニングしていたと思われるバイナンスも含まれていました。

Blockdaemon社の創設者兼最高経営責任者(CEO)であるKonstantin Richter氏は、8月30日(土)にBloombergに宛てた電子メールの中で、「これは、主要なパブリック・ブロックチェーンがどれほど非線形であるかを明確に示しています。つまり、シームレスなチェーンのパフォーマンスを確保するためには、原則的にも技術的にも大多数が一致する必要のあるオープンソース・コミュニティによって運営されているということです」と述べています。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 21,354.00 1.37%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,228.51 3.23%
  • tetherTether (USDT) $ 0.999991 0.03%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.24%
  • bnbBNB (BNB) $ 239.66 3.05%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.367165 2.55%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.14%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.510445 5.37%
  • solanaSolana (SOL) $ 40.67 1.44%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.074290 12.45%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。