ニュース

EU、ロシアへの高価値仮想通貨サービスの提供を禁ずる

Eu High Value Service Russia 1280x720

ロシアに課されたもう一つの制裁として、欧州連合理事会は最近、ロシアの団体と市民が高価値の仮想通貨サービスを利用することを禁止すると発表しました。これは、ウラジーミル・プーチン大統領のウクライナへの軍事侵攻に対する制限措置の第5弾の一部で、ロシアの計画を実行する能力を衰弱させるものです。

欧州委員会によると、この最新の制裁措置は、現行の規制の潜在的な矛盾を解消する一翼を担うことになるといいます。この提案は、ロシアの銀行4行と石炭輸入に関連する資産の凍結、およびロシアのオリガルヒへの信託に関する助言の提供と同時に発表されました。

「事態の重大性に鑑み、またロシアのウクライナに対する軍事侵攻に対応して、さらなる制限的措置を導入することが適切である。特に、仮想通貨ウォレットへの入金禁止を拡大することが適切である」とEUの官報に記載されています。

さらに、EUは、国際銀行メッセージングシステムSWIFTからロシアの銀行を遮断すると同時に、譲渡可能な証券や銀行券の購入を禁止しています。

EUがロシア制裁を課す脅威として、仮想通貨に対する立場を表明したのは今回が初めてではありません。2022年3月23日、欧州中央銀行(ECB)のChristine Lagarde長官は、国際決済銀行のイノベーションサミットで、仮想通貨サービスプロバイダーは同国に対する禁止事項を回避するためのアクセサリーになる可能性があると述べました。

「では、それは脅威なのでしょうか?はい、そうです。過去には……脅威であったのでしょうか?なぜなら、行われている多くの怪しげな取引、行われている多くの犯罪行為の支払いを見ると、非常に多くの場合、いくつかの暗号資産が見つかるからです」とLagarde氏は述べました。

EU理事会と米国の議員たちは、ロシアの侵略資金調達能力を弱めるために仮想通貨に注目しているが、ガスと石油の輸出は依然として侵略者の主要な収入源であることに変わりはありません。しかし、米国議会は4月7日、米国の石油輸入の8%を占めるロシアからの石油とガスの輸入を禁止することを目指す法案を可決しました。その他の仮想通貨ニュースや仮想通貨の最新情報については、ここBTC Postで読み続けてください!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 16,818.05 0.05%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,232.34 0.22%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.04%
  • bnbBNB (BNB) $ 284.60 0.2%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.03%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.387254 2.04%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.096297 0.04%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.310418 0.15%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.891621 0.62%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。