ニュース

欧州が仮想通貨に対する残酷な計画を明らかにし、DeFi DAOとそのホルダーが規制に直面する見込みに

Europe Reveals Brutal Plans on Crypto

欧州中央銀行は、仮想通貨に関する欧州の懸念事項を描いた新鮮なマクロプルーデンスレビューを発表しました。この文書では、ステーブルコインの役割、プルーフ・オブ・ワークコンセンサスの環境リスク、分散型金融の領域などのトピックに触れています。

仮想通貨のエコロジー問題

現在、欧州連合の国家当局は、電気自動車の仮想通貨版の役割を担うPoSコンセンサスを奨励するか、従来の自動車と比較されるPoWを制限または禁止することに力を注ぐか、自動車分野の状況に似た選択に直面しています。この例えは実に適切で、PoW暗号資産はすでにほとんどの国の排出削減量と、電気自動車への移行を奨励することによる世界的な純削減量をなくしているのです。

したがって、政府当局による「何もしない」アプローチも可能ではありますが、その可能性は低くなっています。しかし、当局による政治的措置は、情報開示の要求、暗号取引や所有権に対する炭素税、マイニングの全面禁止など、より現実的な選択肢となります。

DeFiのジレンマ

仮想通貨市場のDeFiセグメントは、ECBから特別な注目を集めており、ECBはその真の分散化に疑問を呈しています。Uniswapの保有構造を例に挙げ、規制当局は、トークン提供のほとんどが少数の人々の手に集中していること、そしてどのDeFiプロトコルも人間の関与を必要とすることから、すべての保有者、DAO、DeFiプロジェクトチームが規制下に置かれる可能性があると述べています。

「例えば、UniswapのガバナンストークンUNIの流通総供給量の80%は、チーム、初期投資家、100万UNI以上の残高を持つトークンホルダーによって保有されています。さらに、全トークンホルダーアドレスの1%が全トークンサプライの97%程度を保有しています。」 – パトリック・ハンセン氏

ステーブルコインの安全性と持続可能性

ステーブルコインも見過ごされてはいません。規制当局は、DeFiセクターの進化に伴い、当初は仮想通貨の流動性の駐車場として考えられたステーブルコインは、その用途や形態がますます洗練され、その結果、安定性の気配が全くなくなってしまったと述べています。「ステーブル(安定)」の概念そのものがひっくり返り、アルゴリズムによるステーブルコインでさえ、担保がないにもかかわらず、担保があるとみなされるまでになった、とECBは述べています。マニフェスト見直しの最後に、規制当局は、テラとUSTのケースの再発を避けるために、ステーブルコインセグメントの緊急規制だけでなく、一般的に仮想通貨市場全体の規制を呼びかけました。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 16,972.74 1.9%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,254.03 3.25%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.06%
  • bnbBNB (BNB) $ 288.11 2.5%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.05%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.383881 2.46%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.100467 6.12%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.316800 3.22%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.908158 3.14%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。