ニュース

取引所はKYC規制上の懸念を理由でプライバシーコインを削除

exchange sites news

規制上の懸念から、世界中の多くの取引所が、銘柄からプライバシーコインを削除しています。プライバシーコインを上場廃止にする挙動は、プライバシーとKYC規制に対する銀行と当局の懸念から由来しました。Monero、Zcash、Dashは、取引所から上場廃止された最も注目すべきであるプライバシーコインの一部でした。

このトレンドは韓国や日本などのアジア諸国で始まりました。韓国の取引所は金融活動タスクフォースの規制をプライバシーコインを上場廃止する理由として解釈しています。日本では、取引所のコインチェックがサイバー攻撃により約5億2300万のNEMコインを損失した後、早くも2018年に、プライバシーコインを削除し始めました。

6月にモネロ市場を削除した韓国の取引所のビッサムは、2020年にプライバシーコイン市場をサービスから削除した最初のものでした。

オーストラリアを拠点とする仮想通貨取引所は、銀行から圧力に直面し、2020年8月にプライバシーコインを削除しました。Swyftxは、外部の規制と銀行の圧力がこの決定の背後にある原動力であると考えています。2段階の上場廃止が2020年8月31日に終了し、プライバシーに重点を置いたコインとトークンであるMonero(XMR)、Dash(DASH)、Zcash(ZEC)、Verge XVGなどを効果的に削除しました。

コロラドに拠点を置く仮想通貨取引所であるShapeShiftは、最初にMoneroをリストから削除してから、2020年11月にZcashとDashを削除しました。ShapeShiftの最高法務責任者であるベロニカ・マックレガー氏の話よると、「規制の観点から会社のリスクをさらに軽減する」という目的でこの決定を下しました。

一方、オランダの仮想通貨取引所であるLitebitは、2020年12月8日に内部メールを通じてプライバシーコインFiro(旧称Zcoin)を上場廃止することをユーザーに通知しました。メールの内容によると、コインのプライバシーに関する問題が、会社がこの決定を下す理由であることは判明しました。「オランダの仮想通貨会社の規制当局は、プライバシーに重点を置く仮想通貨はリスクが高すぎると指摘した」Zcoinは2020年12月22日に取引所から正式に上場廃止になりました。

Bittrexはプライバシーに重点を置いたコインを削除する傾向に加入する最新の取引所です。ワシントンに拠点を置く取引所は1月1日に、Monero(XMR)、Zcash(ZEC)、Dashを上場廃止することを発表しました。ダッシュは公式ツイートで、「ダッシュのプライバシー機能はビットコインを超えていない」と応答しました。同社の公式Twitterアカウントによると、Dashを「プライバシーコイン」としてマークを付けたことは誤っています。

BTCポストで最新の仮想通貨のニュースと更新を見つけましょう。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,421.49 0.97%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,060.95 2.32%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.07%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0%
  • bnbBNB (BNB) $ 215.10 1.01%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.16%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.314171 0.24%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.446744 0.04%
  • solanaSolana (SOL) $ 32.41 0.75%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.065461 0.02%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。