ニュース

Facebookの仮想通貨担当役員David Marcus氏が年内に辞任へ

novi diem banener slot

Facebookの親会社であるMeta Platforms Inc.の仮想通貨に関する取り組みの責任者であるDavid Marcus氏が、2021年末までにその職を退くことを発表しました。このニュースは、長年にわたって同社の仮想通貨問題に取り組み、DiemやNoviなどの新しいプロジェクトの立ち上げを模索してきた結果です。

Marcus氏は、12月1日にTwitterとFacebookを通じて自らの声明を発表することで、この決定を確定し、公にしました。「個人的なニュースですが、Metaでの充実した7年間を経て、今年の年末に退任して会社を去るという難しい決断をしました」と発表しました。

Marcus氏の退社に伴い、彼は未完成のプロジェクトをStephane Kasriel氏に移し、今後は金融商品部門の下で働くことになります。これは具体的には、Marcus氏の任期中に制作されていたもののリリースされていなかった仮想通貨ウォレット「Novi」に取り組むことになります。

「Noviを立ち上げた直後にはまだやるべきことがたくさんあり、決済・金融システムの変革の必要性については相変わらずの情熱を持っていますが、起業家としてのDNAがあまりにも多くの朝に連続して私をうながしているので、それを無視し続けることはできません」と、Marcus氏はツイートに付け加えています。 

Marcus氏が残すことになるもうひとつのプロジェクトには、2019年に発表された当時のFacebookベースの仮想通貨「Diem」があります。法律家や規制当局との問題により、そのリリースは継続的に延期され、現在も止まったままとなっています。

Marcus氏はTwitterとFacebookでのメッセージの最後に、FacebookのCEOであるマーク・ザッカーバーグ氏の機会と友情に感謝し、ザッカーバーグ氏は「あなたのリーダーシップがなければ、Diemをこれほど大きく振りかざすことはできなかったでしょうし、Metaをそのような大きな賭けをする場所にしてくれたことに感謝しています」と答えています。

また、Marcus氏は、この業界での他の機会を楽しみにしており、Meta社とFacebook社のファミリーの成功を願っていると述べています。「その先には素晴らしいものがあると思っています」と、辞任の発表を終えた時点で語っています。

Marcus氏の前には、Morgan Beller氏が、Noviに取り組んだ共同創業者の一人であるにもかかわらず、2020年の9月に同社を去っています。また、プロジェクトの創始者であるKevin Weil氏も同様で、2021年3月にMeta社を退社しています。

現時点では、Marcus氏のMeta社およびFacebook社からの退社が、進行中のプロジェクトにどのような影響を与えるかについては、最新情報はありません。また、他社への移籍や個人的なベンチャー活動を行う予定も明記されていません。

BTC Postでは、最新の仮想通貨ニュースと最新情報をお届けしています! 

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 17,002.14 1.45%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,259.00 2.51%
  • tetherTether (USDT) $ 0.999933 0.08%
  • bnbBNB (BNB) $ 288.83 1.96%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.999631 0.12%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.999788 0.01%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.386553 1.84%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.100982 5.26%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.317299 2.92%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.910282 2.66%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。