ニュース

FTXはどんな人におすすめ?

ftx exchange banner

FTXは、先物や証拠金などのさまざまな取引オプションを備えたグローバルな仮想通貨取引所です。シームレスな取引とポートフォリオの拡大のサポートなど、さまざまな機能を持っています。

まず、FTXでは、先物、株式、レバレッジドトークンを取引することができます。この素晴らしい機能によって最も急成長している取引サイトの1つとなり、現在では120万人以上の登録ユーザーを抱えています。BTC Postでさらに詳しくご紹介しています。

FTXとは?

FTXは、仮想通貨取引に特化した分散型取引所です。デリバティブ、ボラティリティ商品など、専門家や取引会社が参考になるような商品と機能を提供しています。

さらに、この取引サイトは、古参投資家と新規参入者の両方に対応しているため、初心者向けのスポット取引も提供しています。また、基本的な成行注文からトレーリングストップ注文まで、豊富な種類の注文を提供しています。

FTXの始まり

FTXは、「トレーダーによる、トレーダーのための」構築を謳っており、すべての仮想通貨投資家のニーズを理解しています。このスローガンは、FTXのマーケティング戦略の大きな部分を占めており、プラットフォームの創設者で仮想通貨業界の有名な人物であるサム・バンクマン・フリードによって作られたものです。

このバハマの仮想通貨取引所は、MITを卒業したサム・バンクマン・フリードとゲイリー・ワンの発案によるものです。

バンクマン・フリードが良い仮想通貨取引所がないことに気づいた2019年に設立されました。彼は、その間のプラットフォームは、不具合があったり、安全でなかったり、顧客サポートがなかったりしたと言っています。バンクマン・フリードは、より良い仮想通貨取引プラットフォームを作りたいという思いでワン氏を採用したところ、案の定、徐々に顧客が集まってきました。

この取引所サイトでは、さまざまな仮想通貨をサポートしました。300以上のコインとフィアットをサポートしており、最も人気のある取引所の1つであるCoinbaseよりも莫大であることがわかります。

このようなサポートは、Know-Your-Customerプロトコル、二要素認証、引き出しロックなどのセキュリティ対策を通じて、安全性を確保することと提携していました。

今日までで、このサイトは100万人以上のアクティブユーザーを抱えています。

FTXエクスチェンジ:良い点と悪い点

FTXは決して完璧な仮想通貨取引プラットフォームではありません。他のオンラインサイトと同様に、サインアップする前に知っておくべきメリットとデメリットが存在します。

FTXの成功の大部分は、クラッシュすることがいかに少ないかが大きいですが、ここではそれ以外のメリットとデメリットを紹介します。

メリットデメリット
対応仮想通貨(275種類以上)、フィアット(10種類)の豊富な品揃え米国非対応
充実した先物・証拠金取引ライブチャットカスタマーサポートなし
便利なモバイルアプリ高価なUSDガス代
厳重なセキュリティ対策
ステーキングのための素晴らしい特典
純手数料の1%をチャリティに寄付

FTXのさまざまな機能

仮想通貨投資家により良い取引所サイトを提供するため、サム・バンクマン・フリード、 ゲイリー・ワンとFTXの全チームは、以下の機能を取り入れました。

モバイルアプリ

お客様の資産を監視し、仮想通貨取引をどこにでも行いたい方向けに、モバイルアプリが用意されています。ウェブ版と同様に、ナビゲーションが簡単で、スポットマージン取引、FTTステーキング、レバレッジドトークンなどの機能も備えています。

FTX:使い方

FTXでは、ベテランも初心者も同じように取引ができるようになっています。株式、レバレッジドトークン、スポット、先物など、さまざまなマーケットをご利用いただけます。以下のマーケットページで、このサイトが提供するサービスをご覧ください。

FTX Trading

さらに、FTXにはスポット取引ペアの最も幅広い選択肢もあります。投資家として、ビットコイン、イーサ、XRPなどの主要なトークンの取引が可能です。

安心安全な取引

FTXのユーザーは、最高級のセキュリティ対策によって保護されているため、資金の安全性について心配する必要はありません。

この厳しいセキュリティは、二要素認証(2FA)でアカウントが保護されていることからもわかります。2FAはいつでも解除できますが、口座内の引き出しは24時間ロックされます。また、出金だけに使用する別のパスワードを設定することで、セキュリティを強化することもできます。

最後に、FTXはブロックチェーン分析で有名なChainalysis社と提携し、プラットフォーム内の不審な取引を追跡しています。これは、同社のマネーロンダリング防止(AML)コンプライアンスシステム(KYT製品としても知られる)を使用することで行われます。

ステーキングのメリット

FTXのネイティブ通貨であるFTTの用途のひとつにステーキングがあります。これは他の様々な取引所でも取り上げられているため、FTXに限ったことではありません。しかし、このプラットフォームが他より優れているのは、FTTを保有してステークすることで、さらなる利益が得られることです。

具体的には取引手数料の割引、ブロックチェーン手数料の免除、エアドロップの報酬などがあります。さらに、FTTをステークすることで、以下のようになるETHまたはERC-20の引き出しを毎日一定量付与することができます。

FTTステーク毎日無料ETH/ERC-20の引き出し数
00
251
1503
1,00010
10,00030
50,000100
250,000300
1,000,0001,000

FTXを賭けない場合でも、口座に保有しているだけで報酬を受け取ることができます。例えば、最低100米ドル分のFTTを保有することで、すでに取引手数料の割引対象となることができます。

FTXペイ

FTXペイは、サイト内の低手数料支払いプロセッサーで、フィアット通貨または仮想通貨のどちらでも迅速かつ安全に支払いを送金および受領することができます。この便利なサービスは、国境を越えた取引を即座に処理できるため、世界中で資金を送るのに重宝されています。

さらに、FTXペイは、対応しているマーチャントでの製品やサービスの支払いにも使用できます。

NFT市場

FTXのフレキシブルさは、2021年10月に、独自のNFTマーケットプレイスを追加したことからもよくわかります。

クリエイティブなアーティストによって作られたイーサリアムの収集品のセレクションがあり、購入、販売、ミンティングのいずれかを行うことができます。ミンティングとは、ネットワーク上でアートワークを公開し、他のユーザーがそれを購入できるようにすることです。

FTT:仮想通貨取引所 FTX

FTTはFTXのネイティブ通貨であり、取引所サイトの「基幹通貨」と呼ばれています。また、FTTを保有すると、取引手数料の割引を受けることができます。

この割引は次のようになります。

FTTホールディング(米ドル)トレード割引
$1003%
$1,0005%
$5,00010%
$10,00015%
$50,00020%
$100,00025%
$200,00030%
$500,00035%
$1,000,00040%
$2,500,00050%
$5,000,00060%

FTXの仕組み

FTXは、仮想通貨の買い手と売り手の間でピアツーピア(P2P)取引を提供する分散型暗号取引所(DEX)です。P2Pは仲介者を必要としないため、取引を迅速かつ安価に行うことができます。

しかし、仮想通貨取引所として最低限必要な機能以外にも、FTXは幅広い取引オプションと商品を提供しています。これらは以下の通りです。

レバレッジトークン

レバレッジトークンは、仮想通貨市場により良いレバレッジを提供するERC20トークンであり、それが名前の由来となっています。仮想通貨取引において、レバレッジを高めることは、より大きなリターンに繋がります。しかし、それはまた、関連するリスクも高めてしまいます。

さらに、レバレッジトークンには証拠金要件がないため、換金するために現金で特定の金額を支払う必要がありません。

オプション

コールとプットは、契約に基づいて実行される2つの重要な取引オプションで、どちらも投資よりも高い利益を生み出すことを目的としています。

簡単に言うと、コールオプションはトークンを買う権利を与え、プットはそれを売る権利を与えます。ホルダーとして暗号を購入、売却する権利はありますが、将来の行使価格やあらかじめ決められた価格で行う義務はありません。

具体的には、暗号プットオプションは、「有効期限」として知られている設定された時間枠の間に所定の値で所有している仮想通貨を売却することができます。このタイムフレームが終了すると、プットオプションはその価値のすべてとともに失われます。

MOVE

MOVEもまた、ボラティリティで勝負するコントラクトベースの取引です。ここでは、設定された時間の間に仮想通貨の価値がどれだけ急激に変化するかを賭け、予測しながら契約利益を生み出すことができます。

この機能の素晴らしいところは、価格が上がっても下がっても、利益を生み出すことができることです。

FTXとその他のプラットフォーム

FTXと、同じような機能を持つ他のプラットフォームと比較してみましょう。

FTXとBigONEを比較

BigONEは、バハマの取引所であるFTXといくつかの類似点があります。まず、両者はそれぞれ多くの仮想通貨に対応しています。しかし、BigONEの140以上の仮想通貨に対して、FTX は30 以上もの仮想通貨に対応しています。

登録手順に関しては、BigONEの一般的なプロセスと比較して、FTXの即時認証が優勢といえます。さらに、FTXの特筆すべき特徴として、ユーザーがサイト内で取引を行うたびに、審判料の25%~40%を得ることができるアフィリエイトプログラムがあります。

FTXとBitFlyerを比較

BitFlyerはFTXより5年古いですが、様々な部分で劣っています。BitFlyerの大きな問題は、サポートされている仮想通貨の選択肢が限られていることで、マイナーな仮想通貨に資金を預けている一部の投資家が敬遠する恐れがあります。

BitFlyerは東京に拠点を置いていますが、FTXの日本人ユーザーの中には、その最小限の為替手数料のために、FTXを好む人もいます。トレーダー手数料は0.07%で、メーカー手数料は0.02%です。これは、BitFlyerの手数料がトレーダー、メーカーともに0.20%であることと比較すると、大きな違いです。

FTXとProBitを比較

ProBitはサイト上の合計340以上のトークンを持っており、FTXに最も近いものです。

両者の大きな違いは、FTXの取引手数料の低さです。BitFlyerと同様に、ProBitはメーカーとテイカーの両方に20%の取引手数料が必要で、これはFTXより高い金額設定となっています。

FTXのUXを詳しく解説

FTX Homepage

UXは、FTXがプラットフォームを作成する際に力を入れたものの1つで、ユーザーが簡単にナビゲートできるように分かりやすいデザインとなっています。

例えば、取引所サイトに慣れていないユーザーが、仮想通貨市場を閲覧したい場合、ホームページの左上部分にある市場タブから簡単にページ移動することができます。

トップページは、取引所サイトのさまざまな機能にアクセスできるメインハブとしての役割を担っています。

また、画面は好みに応じてダーク、ライト、ブラックのいずれかのモードで表示することができます。

うれしいことに、モバイルアプリでも同じように洗練されたクリーンなデザインを見ることができます。それだけでなく、モバイル用に最適化された、操作しやすいインターフェイスも特徴です。スワイプやタップを数回行うだけで、取引画面、先物、証拠金など、アプリ内のさまざまなセクションに移動することができます。

まとめ

結論として、FTXは包括的な取引プラットフォームを使用したい人におすすめです。他の取引所にはない、ステークメリット、レバレッジトークン、オプションの購入や販売など、様々な追加機能を備えています。

さらに、NFTの市場上昇の機会を利用したことで有名なように、流行に乗るサイトであることがわかります。このようなイノベーションが、今日の主要な取引所の1つである理由の1つです。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 16,573.79 0%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,218.84 0.03%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.06%
  • bnbBNB (BNB) $ 314.63 0.6%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.06%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.11%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.403202 1.29%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.098242 6.12%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.318503 0.05%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.859369 0.27%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。