ニュース

ビルゲイツは、「世界は仮想通貨なしでできる」と言った

bill gates news banner

ビジネス界の大物でマイクロソフトの共同創設者であるビルゲイツは、先週の木曜日(2月18日)のウォールストリートジャーナルとのインタビューで、世界は仮想通貨なしで運行できると主張していた。彼は成長する仮想通貨業界への無関心を表明し、世界が必要としないのは技術の進歩であると共有した。

ゲイツはウォールストリートジャーナルとのインタビューで、仮想通貨は犯罪活動やその他の悪意行為に使用される可能性があることを示した。暗号業界に関する彼の見解は、マネーロンダリングと相場操縦の評判を掘り下げている。

「今日の仮想通貨の仕組みは、特定の犯罪活動を可能にする。それを取り除くのは良いことである。私はおそらく生物兵器を言うべきだったでしょう。それは本当に悪いもの。我々はその技術を持つべきではない。生物兵器は正しい答えである」と彼はインタビューで述べた。

しかし、ビルゲイツはその日遅くにCNBCとの別のインタビューを行い、そこで彼は再び仮想通貨業界についての意見を求められた。ジャーナリストのアンドリュー・ロス・ソーキン(Andrew Ross Sorkin)から気候変動に対する仮想通貨マイニングの影響について尋ねられたとき、ゲイツは彼の以前の声明を撤回し、仮想通貨に対する彼の中立的な見方について話した。

「私はビットコインを所有していない。空売りもしていないので、中立的な見方を持っている。」

「お金をよりデジタルな形に変えて取引コストを下げることは、ゲイツ財団が発展途上国で行っていることであるが、そこでは取引を取り消すことができるので、誰が何をしているのかを完全に把握できる。」

「それは租税回避や違法行為に関するものではないが、ビットコインの上下はマニアやニュースに基づくものであり、それがどのように進行するかを予測する方法がない」とゲイツは付け加えた。

ゲイツは、彼が仮想通貨業界に中立であることを明確にしたが、他のよりコントロールしやすい通貨のデジタル化を支持していることを示していた。億万長者は以前、2018年5月にCNBCのスクワークボックス(Squawk Box )とのインタビューで、誕生日にビットコインを受け取ったことがあると共有していたが、数年以内に売却した。

一方、ビルゲイツは仮想通貨業界に対する中立的な立場を表明し、億万長者の仲間でテスラのCEOであるイーロン・マスクは先週、ビットコインやドージコインなどの仮想通貨の価格を高騰させた。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 17,196.73 2.25%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,279.36 3.98%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.18%
  • bnbBNB (BNB) $ 289.67 2.17%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.999851 0.04%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.02%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.393401 2.83%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.097864 2.22%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.314450 2.01%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.921675 3.66%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。