ニュース

Sparkassenが仮想通貨取引許可案を提案

Sparkassen Proposes A Plan To Allow Cryptocurrency Trading Banner Image 1280x720

ドイツに拠点を置くビジネス誌「Capital」が昨年12月13日に報じたところによると、Sparkassenとも呼ばれるドイツ語圏の貯蓄銀行が、顧客がビットコイン(BTC)やイーサ(ETH)などの人気仮想通貨を取引できるようにする試験プロジェクトを発表する予定だといいます。この計画を通じて、人々は自分の当座預金口座を通じてデジタル資産を購入することができます。ただし、これはまだ2022年初頭の委員会の承認が必要です。

ドイツ貯蓄銀行協会の広報担当者は、仮想通貨ニュースサイトCointelegraphが昨年12月14日に報じたように、この計画的なプロジェクトを確認しました。彼らはこの提案の背景の一つとして、「より多くの消費者が暗号資産に興味を持っている」からだと指摘しました。「ドイツの貯蓄銀行の顧客の10人に1人は、暗号資産を所有している、または所有したことがあると述べています。彼らの期待を考えると、貯蓄銀行金融グループも暗号資産に注目せざるを得ない」と広報担当者は話しています。

同氏によると、ドイツのITサービスプロバイダーであるS-Paymentの専門家グループと協力して、顧客の仮想通貨を安全に保管する方法を検討しているとのことです。ただし、これに関する確定した発表はまだありません。

先に述べたプロジェクトにゴーサインが出れば、同社のデジタルウォレットの最初のバージョンは、2022年末までに発売される可能性があります。

しかし、Capitalは、このパイロットプロジェクトが仮想通貨取引を適用するかどうかは、各独立した銀行機関によってまだ異なる可能性があると指摘しました。それにもかかわらず、これらの金融機関の多くは、この提案に関心を示しています。この計画が実現すれば、報告書が主張するように、これはヨーロッパの銀行の風景における最初の大きな動きとなります。

Capitalによれば、他の類似のプラットフォームと比較して、このプロジェクトは、取引所によくある仲介業者の使用を削減することができます。顧客は、取引に際して追加の検証手続きを行う必要がなくなります。

ドイツ系のSparkassenは、ヨーロッパに370以上の支店を持ち、約1兆円の資産を持つ銀行グループです。業界のリーダーであるため、仮想通貨関連サービスを許可するようにシフトする可能性があるため、仮想通貨の対象者を広げ、他の大手銀行の好奇心を刺激することができます。一方、S-Paymentは、貯蓄銀行の個人および法人顧客向けの決済ソリューションで、そのコンセプトを開発し、マーケティングを行っています。

BTC Postでここに目を通し、最新の仮想通貨ニュースや最新情報を入手しましょう!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 20,189.00 4.24%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,144.45 4.57%
  • tetherTether (USDT) $ 0.997936 0.16%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.999712 0%
  • bnbBNB (BNB) $ 238.10 6.44%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.09%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.322858 2.63%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.457634 2.29%
  • solanaSolana (SOL) $ 36.22 8.22%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.067706 2.8%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。