ニュース

Grayscaleの5000 Bitcoin購入は価格上昇と希少性を引き起こした

grayscale banner news

デジタル資産管理会社のGrayscale Investmentsは、4618 BTCを1月13日に新規投資を受けてから48時間以内に購入した。その結果、Bitcoinの価格は39000ドルまで上昇したが、再び37ドルまで下落した。さらに、大量に購入されたBitcoinはその供給不足を引き起こし、暗号交換サイトのプロセスに影響を与えた。

Grayscaleは2020年12月21日、暗号技術を利用する新規投資家の募集を一時的に停止した。同社は現在276億ドル相当の暗号資産を管理しており、Grayscale Bitcoin Trustは210億ドル相当のBTCを、Grayscale Ethereum Trustは31億ドル相当のETHを保有している。

Grayscale Investmentsは、1月13日にサービスを再開した初日に2172 BTCを購入したが、これは全世界から採掘された新たなBitcoinの二日間半分に相当する。

連邦政府による紙幣の印刷はインフレ率の上昇につながり、投資家はBitcoinのようなヘッジ資産を探すようになった。このデジタルコインに対する機関投資家の高い需要によって、管理会社はかなりの額を購入するようになった。

その結果、暗号交換サイトの供給が不足している。株式や暗号取引プラットフォームのE-Toroなどの取引所は、取引所へのBitcoinの供給が減少したため、流動性に問題が生じる可能性があるとクライアントに発表した。暗号解析プラットフォームのGlassnodeの報告によると、2020年7月以降に新たに採掘されたBitcoinのうち取引所に送られたのはわずか1/3である。同時に、Grayscaleは20万 BTC以上を取得した。

しかし、量子経済学のアナリストであるJason Deaneは、暗号ニュースプロバイダDecryptとのインタビューで、Bitcoinの供給不足はあり得ないと述べた。

「ある時点で、既存の保有者は『価格』に到達し、供給の一部または全部を放出し、新たな均衡を生み出すだろう」 と彼は詳しく述べた。大量のBitcoinがため込まれたとしても、残りの供給は 「サトシ」 と呼ばれる小さな単位に分割される。

さらに、大量のバイオフは、Grayscaleがサービスを再開し、大量のBitcoinを購入した同じ日にBitcoinの価格を39000ドルにした。

GrayscaleのCEO Michael Sonnensheinによると、Grayscaleは33億ドル相当の投資を受け、2020年の第四四半期に同社の様々な投資商品に分散された。

Sonnensheinは、顧客のリスクを最小限に抑える方法をツイートでこう述べた。「Bitcoinは、われわれの投資家の領域への最初の一歩であるが、投資家の幅広い投資への関心が高まっていることが分かった。勝者を選んで敗者を避ける必要がなくなった」。

仮想通貨に関する最新ニュースや最新情報については、BTC Postをご参照ください。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 20,008.00 0.48%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,088.47 3.81%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.17%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.12%
  • bnbBNB (BNB) $ 217.59 0.92%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.06%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.325697 2.71%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.458708 1.85%
  • solanaSolana (SOL) $ 32.47 7.35%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.066580 1.8%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。