ニュース

バイナンスは5億7000万ドルの仮想通貨強奪の背後にいるハッカーの身元を「絞り込んでいる」とCEOが発言

identity of hacker behind 570 million crypto attack banner

仮想通貨取引所バイナンスは、同社のBNBブロックチェーン上で5億7000万ドルのハッキングを指揮したハッカーの身元解明に近づいていると、CEOのチャンポン・ジャオ氏が月曜日のCNBCで語りました。

ハッカーが誰であるかについて法執行機関からいくつかのヒントを得た後、バイナンスは現在、攻撃の背後にある人物または人物を「絞り込んでいる」と、ジャオ氏はCNBCの 「Squawk Box Europe」のインタビューで述べました。

問題の攻撃では、いわゆるクロスチェーンブリッジが標的となり、まだ知られていないハッカーまたはハッカー集団が、当時約5億7000万ドル相当のバイナンスのBNBトークン200万枚を強奪しました。

Chainalysisのデータによると、あるブロックチェーンプラットフォームから別のブロックチェーンへのトークンの迅速な移動を容易にするツールであるクロスチェーンブリッジの侵害によって、今年これまでに10億ドル以上が失われています。

DeFi(分散型金融)」の世界で人気のブリッジは、その基礎となるコードの欠陥により、犯罪者のホットターゲットになっています。

「私たちは今も実際に、世界中の法執行機関と協力し、悪質なプレイヤーを追跡するために(当局を)助けています」と、ジャオ氏は述べています。「法執行機関と協力することは、私たちがこの空間を安全にするための方法の1つです。」

「実際、この瞬間、法執行機関は、それが誰であるかについて、いくつかのヒントを与えてくれました。だから、実際に絞り込んでいるところです。」

バイナンスは攻撃の被害を抑えるために介入し、ネットワークバリデータ(取引の承認に署名する個人や団体)と調整した後、BNBチェーンブロックネットワークの活動を一時停止し、アップグレードを実施しました。

オンラインでは一般に「CZ」と呼ばれるジャオ氏は、これはBNBチェーンがハッカーによって標的とされた資金のほとんどを奪われるのを防ぐことができたことを意味すると述べています。

「ブロックチェーンは約80%から90%を凍結することができたので、実際の損失はずっと小さかった」と彼は言います。

バイナンスのBNBチェーンはハッキング当時の声明で、「資金の大部分はコントロール下にある」と述べている。約1億ドルは回復不可能だったとBNBチェーンは付け加えました。

BNBチェーンは、もともとバイナンスチェーンとして知られ、2019年にバイナンスが初めて開発しました。他のブロックチェーンと同様、BNBと呼ばれるネイティブトークンを搭載し、取引やゲームなどで利用できます。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 16,573.79 0%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,218.84 0.03%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.06%
  • bnbBNB (BNB) $ 314.63 0.6%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.06%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.11%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.403202 1.29%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.098242 6.12%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.318503 0.05%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.859369 0.27%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。