ニュース

IMFはデジタルマネーに関する調査・モニタリングの強化を計画

indian central bank crypto ties 1

去る7月29日、国際通貨基金(IMF)は、公式ウェブサイトで「The Rise of Public and Private Digital Money」と題した文書を公開し、IMFがそのリソースを活用して、デジタル通貨への世界的な移行を「監視、助言、管理支援」する方法について説明しました。

また、同文書では、国内外の金融・経済の安定を確保するための「IMFの運営戦略」が示されています。

IMFはまた、デジタル資産が現在のグローバル市場にもたらすメリットを認め、「決済がより簡単に、より速く、より安く、よりアクセス可能になり、国境を越えて迅速に行われるようになる」と強調しています。

さらに、「各国が金融政策、金融情勢、資本勘定の開放性、外国為替制度のコントロールを維持できるように、規制、設計、提供されなければならない」と述べ、政府や中央機関がデジタル資産に付随する「リスク管理」に重要な役割を果たすことを明らかにしました。

同文書では、中央銀行のデジタル通貨、ステーブルコイン、電子マネーを区別し、ビットコイン(BTC)のようなさまざまな暗号資産に焦点を当てています。ただし、「デジタルマネーにはさまざまな種類が考えられるが、本書ではどの形態が優勢になるかについては見解を示さない」と明確に言及しています。

また、IMFは、デジタル通貨に関する「サーベイランス、能力開発、分析基盤」を含む最大の計画と可能なアウトプットについても言及しています。

これらの計画を実現するために、IMFはデジタルマネーに関する研究を進めながら、中央銀行、規制機関、世界銀行などのさまざまな機関との提携を検討しています。

IMFはさらに、別のブログ記事で、昨年7月29日にニュース雑誌「Fortune」が報じた仮想通貨の浮き沈みについても触れています。このレポートの執筆者は、IMFの金融顧問兼金融資本市場局長のトビアス・エイドリアン氏と、IMFの法律顧問兼法律局長であるローダ・ウィークス・ブラウン氏です。

エイドリアン氏とウィークス・ブラウン氏は、仮想通貨を使用することがより安価で迅速な決済に適していることを認めつつも、デジタル通貨は価格変動、一貫性のない財政政策、環境への悪影響などの問題を引き起こす可能性があると警告しています。

IMFが発表した文書は、今年の3月に始まったプロジェクトですが、4月にIMFの理事会で議論されました。去る7月29日に正式に公開され、デジタル通貨に関するIMFのビジョンが示されました。BTC Postを閲覧すると、最新の仮想通貨のニュースや更新情報を入手できます!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 21,226.00 0.45%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,217.70 1.65%
  • tetherTether (USDT) $ 0.999992 0.04%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.999037 0.27%
  • bnbBNB (BNB) $ 237.47 1.76%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.362953 1.28%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.996224 0.7%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.503877 3.63%
  • solanaSolana (SOL) $ 40.16 0.35%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.073405 10.26%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。