ニュース

インドはすべての個人的な仮想通貨を禁止する可能性があると発表した

india banner news

1月29日の予算会議中に、インド政府が公式デジタル通貨法案の仮想通貨と規制を導入する計画に関する議題が下院によって発表された。これは、インド準備銀行によるデジタルマネーの最終的な導入の道を開くために、すべての個人的な仮想通貨を禁止することを目指している。

この計画に対応し、インドの仮想通貨コミュニティはソーシャルメディアで彼らの混乱を表明し、政府に「個人的」という言葉の意味を明確にするよう求めた。

インド最大の仮想通貨取引所WazirXの創設者であるNischal Shettyは、仮想通貨はその性質のために個人的ではないことをツイートで共有した。

「暗号は、その性質上、分散化されて公開されている」とShettyは述べていた。

インドにおける最大のビットコインと暗号取引プラットフォームの1つであるZebPayのCEOであるRahul Pagidipatiは、法案の成功はその詳細に依存すると述べた。

「その成功は、詳細、特に法案が「プライベート仮想通貨」と呼ぶものの定義に依存する。これは一般的な用語ではない。ビットコインは誰にも個人所有されていない。それはインターネットのような公共財である。

「何百万人ものインド人がすでにこの新しい資産クラスに投資しており、さらに何百万人もの人々が他の国の投資家と同じように富を築く機会を望んでいる。私たちは政府を信頼しており、この法案がインドを後退させるのではなく前進させることを望んでいる。

フィアットと暗号を管理するオンラインバンキングプラットフォームであるCashaaの創設者兼CEOであるKumar Gauravは、仮想通貨はグローバルのために、禁止することは不可能であると声明で述べた。

「仮想通貨はグローバルで分散型のシステムであることを理解しているため、政府がそれを禁止する方法はない。そのためには、そのような技術と制御が必要になるが、技術的に誰にも依存しない。彼らは確かに暗号の合法的な使用を禁止することができるが、それは暗号を理解していない一般人が関与することを困難にするだけである」とGauravは彼のツイートでこう述べた。

一方、インドの仮想通貨のスタートアップ企業は、投資家や新興産業で雇用されている人々に影響を与える可能性があるため、禁止に警戒している。インドの主要な仮想通貨取引所BuyUcoinのCEOであるShivam Thakralは、法案の問題に関して投資家の側に耳を傾けるよう政府に要請していた。

「私たちは、インドのデジタル資産業界で雇用されている全従業員の生活に影響を与える可能性のある決定を下す前に、すべての利害関係者の意見を取り入れるよう政府に要請した。」

政府がインドの仮想通貨を規制する性質と範囲に関してインドの国会によって起草された法案は、法案が公表された後にのみ明らかにされる。

仮想通貨取引所CoinDCXの共同創設者兼CEOであるSumit Guptaは、「政府は今議会中に法案の導入を検討しているため、政府は決定を下す前にすべての利害関係者に確実に耳を傾けると確信している」と述べていた。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 17,205.29 2.14%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,283.38 4.07%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.09%
  • bnbBNB (BNB) $ 289.22 1.68%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.999954 0.09%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.04%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.391624 1.06%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.098216 1.3%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.314533 1.42%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.923360 3.31%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。