ニュース

Kinesis社が初のイスラム仮想通貨PosGo Syariahを発表

kinesis islamic banner

PosGo Syariahは、PT Bullion Exchange、Allocated Bullion Exchange、およびインドネシアの郵便局であるPT Posとのパートナーシップのもと、National Sharia Council(国立シャリア評議会)がサポートするシャリア準拠のバージョンです。

PosGo Syariahは、不換紙幣と金のピアツーピア取引をリアルタイムで可能にし、PosPayによる支払いとウォレットサービスを提供しています。PosGo Syariahは、イスラム教の巡礼行事であるハッジとウラを対象とした「ゴールドメッカ」と呼ばれるコミュニティ貯蓄プログラムを提供しています。

インドネシア最大のノンバンクであるPT Posを通じて、Kinesis社のイスラムデジタル通貨は、イスラム教徒の多いインドネシアで簡単に手に入れることができます。PosGo Syariahは、連邦政府とシャリア監督委員会の支援を受けているため、この仮想通貨は負債や金利のない取引が可能です。

Finextra Research社による報告によれば、「PosGo Syariahは、取引、ビジネス、サービス、ユーティリティ、金融取引を積極的に行えるように多くの関係者を統合した大規模なエコシステムであり、消費者としてのコミュニティの保護の質を向上させ、より良いコミュニティの生活のための体系的なソリューション・エコシステムを形成することを目的として、インドネシアのすべての規制機関の監督作業プロセスを統合したエコシステムでもあります」とPT Posは宣言しています。

Finextra Research社による報告によれば、「PosGo Syariahは、取引、ビジネス、サービス、ユーティリティ、金融取引を積極的に行えるように多くの関係者を統合した大規模なエコシステムであり、消費者としてのコミュニティの保護の質を向上させ、より良いコミュニティの生活のための体系的なソリューション・エコシステムを形成することを目的として、インドネシアのすべての規制機関の監督作業プロセスを統合したエコシステムでもあります」とPT Posは宣言しています。

Kinesis社のCEOであるThomas Coughlin氏は、「これはKinesisの旅の中でも重要な瞬間です。インドネシア政府をはじめ、この重要なプロジェクトに関わるすべてのパートナーと協力できることを誇りに思います」と述べ、「人々はますます伝統的な通貨から離れつつあり、金を通貨としてデジタル化し動員するための堅牢でスケーラブルなソリューションとして、Kinesis社を紹介できることを光栄に思います。」と話しています。

また、同氏はPosGo Syariahプロジェクトは、Kinesis社の技術が国レベルで人々にリーチできる有効性を証明するものであるとしています。

「このプロジェクトは、Kinesis社の技術が国家レベルで現実世界に適用できることを示しています。私たちのDNAの核であり、イノベーションの原動力でもある官民パートナーシップを通じて、私たちは世界中の国々と協力して、時代遅れの通貨システムを変革するための実行可能なソリューションを提供していきます」と述べています。

BTC Postでは、最新の仮想通貨ニュースや仮想通貨の最新情報をお届けします!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 20,179.00 3.62%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,137.19 3.42%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.23%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.28%
  • bnbBNB (BNB) $ 237.63 5.86%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.07%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.322980 2.12%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.457009 1.83%
  • solanaSolana (SOL) $ 36.04 7.24%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.067528 1.98%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。