ニュース

イラン、違法な仮想通貨ファームで7,000個のマイニングユニットを押収

iran crypto banner 7000

去る6月22日、イラン当局は、首都テヘランの郊外にある放置された倉庫で、約7,000台の仮想通貨マイニングマシンを押収しました。

テヘランの警察署長であるRossein Rahimi氏によると、マシンはテヘランの西に位置する違法なマイニングファームで発見されたとのことです。今回の押収は、これまでで最大規模のものとなります。また、今月初めに当局が約3,000台の暗号マイニングマシンを押収してからわずか数週間後のことでした。

イランでは、仮想通貨のマイニングは、マイナーがライセンスを取得することで規制されています。しかし、政府は、多くの仮想通貨マイナーが違法に操業していることを確認しており、その結果、無秩序な電力消費が発生し、テヘランをはじめとする近隣都市の電力供給に影響を与えています。

イランは夏の間、断続的な停電に悩まされていますが、政府はこれを違法な仮想通貨マイニング業者の活動のせいにしています。仮想通貨のマイニング活動により、すでに弱体化している同国の電力網が停止し、苦情が発生し、特に夏場の電力需要が高まっています。

分析会社のElliptic社によると、イランにおける仮想通貨のマイニングは、ビットコイン全体の供給量の4.5%を供給していると言われています。つまり、同国の違法な仮想通貨マイナーは、数千ドルから数百万ドル相当のビットコインを仕事の対価として得ていることになります。

2021年5月、イラン政府は仮想通貨マイニングを一時的に禁止する規制を実施しました。この規制は同月中に即時発効され、2021年9月末まで従わなければなりません。これにより、禁止が解除されるまで、すべてのマイニングライセンスの正当性が無効になります。

しかし、このように今後数カ月間、一時的にマイニングを禁止する取り組みが行われているにもかかわらず、違法なマイナーが地下で活動を続けています。

ビットコインやその他の仮想通貨のマイニングは、エネルギー消費量が多いことで有名です。このプロセスでは、マイニングマシンを使用して複雑な数学的問題を解決し、仮想通貨の取引を記録して、マイナーにはインセンティブとしてデジタル資産が与えられます。しかし、これには大量の電力が必要となるため、イランのように電力コストが安い国は、仮想通貨マイニング企業やマイナーにとって理想的な拠点となっています。

BTC Postでは、最新の仮想通貨ニュースと最新情報をお届けします。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,429.81 3.25%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,058.56 6.3%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.02%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.999337 0.16%
  • bnbBNB (BNB) $ 210.96 4.25%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.42%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.318929 3.5%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.451734 3.73%
  • solanaSolana (SOL) $ 31.80 9.76%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.065165 0.57%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。