ニュース

国税庁、暗号通貨銀行sFOXの税務調査のための顧客記録へのアクセスをめぐる裁判に勝訴

IRS Wins Court Battle Banner

内国歳入庁(IRS)は、脱税の可能性を調査する手段として、暗号通貨銀行sFOXの顧客記録へのアクセスを獲得しています。

新しいプレスリリースによると、IRSは、仮想資産を取引し、税金を申告しなかったとされる米国の顧客を見つけるために、sFOXの記録に飛び込むことを許可する裁判所命令を取得したとのことです。

暗号プライムディーラーsFOXは、以前M.Y. Safra銀行と提携し、ユーザーに銀行デジタル資産取引サービスを提供していましたが、IRSがジョン・ドゥ召喚状を発行することを認める法廷闘争に勝利した後、その暗号通貨取引データをIRSに引き渡さなければならなくなっています。

「sFOXは、2015年以来、合計で120億ドル以上の取引を引き受けた175,000人以上の登録ユーザーを有しています。暗号通貨に関する最近の経験から、IRSは、多くの仮想通貨取引が税務申告で適切に報告されていないと考える強い理由があります。

特に、そのような取引に関連してIRSに報告する第三者機関が存在しないこと、また、他の暗号通貨ディーラーに送達された召喚状により、そのような取引の重大な過少申告が明らかになったことが理由とされています。

さらに、IRSの調査により、暗号通貨取引にSFOXのサービスを利用しながら、法律で定められた通りIRSにその取引を報告しなかった米国人納税者が少なくとも10人いることが判明しています。」と述べています。

ジョン・ドウ召喚は、脱税をしたとされる個人の身元を明らかにするために用いられる調査戦術である。M.Y.サフラ銀行自体は、いかなる法律違反にも問われていませんが、プレスリリースによると、同社は召喚に応じなければならないとのことです。

「ジョン・ドウ召喚状は、IRSがsFOXの顧客であり、納税申告で適切に報告されていない可能性のある暗号通貨取引に従事した米国納税者を特定できるような記録を提出するようM.Y. Safraに指示しています。」

IRSコミッショナーCharles P Rettingが述べているように。

「デジタル資産からの利益を報告しない人々に関する第三者の情報を入手する政府の能力は、税金詐欺師を捕らえる上で重要な手段であることに変わりはありません。今回のJohn Doeの召喚が認められたことで、すべての人が公平に納税するための我々の継続的かつ重要な取り組みが強化されました。

デジタル資産取引から所得を得ている納税者は、申告・報告責任を遵守する必要があります。」

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 16,573.79 0%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,218.84 0.03%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.06%
  • bnbBNB (BNB) $ 314.63 0.6%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.06%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.11%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.403202 1.29%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.098242 6.12%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.318503 0.05%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.859369 0.27%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。