ニュース

日本ではADAユーザーの1,200万ドル相当の税金が未払いとなっており、調査が行われています。

Cardano vs Japan tax bureau

関東信越国税局が14億円(1,200万米ドル)相当の仮想通貨税の紛失を発見したことにより、仮想通貨「カルダノ」とそのネットワークユーザーが監視の対象となっています。これは、関東地方で大規模な監査が行われた後に明るみに出たものです。

日経アジアの報道によると、この問題を受けて、ADAの投資家たちが調査を受けています。その中には、埼玉県、栃木県、群馬県、新潟県、長野県の各都市に住む個人が含まれています。

日本は、ピア・ツー・ピア(P2P)の仮想通貨取引を管理するための効果的な規制を課すことに長い間苦労してきましたが、最近では税金の借金の中で規制を強化しています。

日本のP2P取引のほとんどは、通常、国内の取引所を経由しないため、規制を回避しています。しかし、日経アジアによると、こうした個人的な取引が日本の仮想通貨取引活動の大部分を占めているといいます。

日本の国際通貨研究所の志波和幸主任研究員は、「専門的な取引所が関与していない限り、誰が仮想通貨を保有しているのか、あるいは受け取っているのかを特定することは難しく、犯罪組織が個人的な取引を悪用できることを意味している」と述べています。

ブロックチェーンの研究会社であるChainalysis社は、現実世界の犯罪組織の仮想通貨取引に関するデータを示しました。これらのグループは、違法行為を行い、複数の口座間で資金を移動させることで、取引のデジタルフットプリントを不明瞭にしています。

専門家は以前から、仮想通貨取引は身分証明を必要としないため、犯罪者が悪用できると述べていました。これを受けて、国際的なマネーロンダリング防止団体である「Financial Action Task Force」は、仮想通貨取引所が顧客データを相互に共有すべきだと勧告しました。

日本の税務局は、すべての取引所プラットフォームが金融庁に登録する必要があるという規制の中で、2017年以降、仮想通貨投資による負債を報告することを優先しています。

しかし、これらは個人データの転送については考慮していません。それに関するルールは、日本政府の承認を待っています。

中国や韓国を含む日本の近隣諸国が取り締まりを行っている中、日本政府に対しては、仮想通貨分野における不正行為を追跡するためのより良いツールを課し、これらを業界の規制枠組みに組み込むよう圧力がかかっています。

最近では、中国政府がマネーロンダリングの問題や省エネの観点から、国内での仮想通貨取引を最終的に禁止しています。また、韓国では、地元の取引所が事業を継続するために、顧客情報を地元の銀行に開示するよう取り締まりを行っています。

BTC Postを閲覧して、日本の仮想通貨のニュースを知っておきましょう!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,461.19 2.48%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,061.36 5.28%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.27%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.18%
  • bnbBNB (BNB) $ 213.26 2.41%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.01%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.319942 2.58%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.450332 2.99%
  • solanaSolana (SOL) $ 31.89 8.16%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.065442 1.22%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。