ニュース

日本、ロシア制裁強化のため仮想通貨関連法を改正

japan crypto image banner image amends laws

日本の外国為替法である「外国為替及び外国貿易法」が今度の国会で改正され、仮想通貨取引所を銀行に対する規制の中に含めることが決定されました。

この改正案は、2022年2月末に始まったロシアのウクライナ侵攻を受け、欧米諸国がロシアに科した制裁措置に沿ったものです。今回の改正は、ロシアがデジタル資産を通じて世界的な制裁を回避する可能性があることから、その保護を強化することを目的としています。

この条項では、仮想通貨取引所は、ウクライナへの侵略に対する予防措置として、制裁を受けたロシアの個人またはグループに関連するトランザクションを検証し、フラグを立てることが要求される予定です。

みずほリサーチ&テクノロジーのシニアエコノミストである酒井才介氏はロイターに対し、「(今回の改正により)おそらく政府は、銀行のように暗号資産取引所に法律を適用し、彼らの顧客がロシアの制裁対象であるかどうかを精査するよう義務付けることが可能になる」と述べています。

松野博一官房長官が行った記者会見では、政府は法案を迅速に国内に導入できるよう、すぐに修正案を提出する予定であることを明らかにしています。

新たに選出された岸田文雄首相は、次の国会までに修正されるよう修正案を支持しました。政権は、特にベルギーで開催された七カ国(G7)首脳会議に出席した後、西側同盟国との動きを調整する必要性を強調しました。

これにより、G7経済圏の間では、暗号資産は回避できる抜け道があるため、ロシアの事業体が制裁を逃れるために使用しているとの懸念が高まっています。

制裁により、ロシアは国際市場にアクセスするための代替決済システムおよび方法を探すことを余儀なくされました。さらに、これらの予防条項により、侵略の中でロシアン・ルーブルの価値も暴落しました。

国会が法律を改正すれば、仮想通貨取引所が制裁を受けたロシアの高官、オリガルヒ、金融機関の取引をブロックすることが法的強制力を持つようになります。

しかし、今月初め、日本の金融規制機関はすでに、ロシアのウクライナに対する行動を受けて、西側同盟国が掲示した制裁対象者との取引を行わないよう仮想通貨取引所に要求しています。この法律が施行されれば、制裁の実施が強化されることになります。BTC Postで日本の仮想通貨法制に関するより多くの仮想通貨の更新と仮想通貨ニュースを知ることができます!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 18,927.48 0.78%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,318.62 0.21%
  • tetherTether (USDT) $ 0.998387 0.42%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.998441 0.25%
  • bnbBNB (BNB) $ 272.22 0.63%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.441535 5.9%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.984133 1.69%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.440886 0.93%
  • solanaSolana (SOL) $ 32.67 0.8%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.060190 0.79%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。