ニュース

日本のメッセージ配信AppのLINEが仮想通貨貸付サービスを開始

line news banner

日本のメッセージ配信大手LINEは、暗号交換オペレーターであるLVCとともに、ユーザーがビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨で交換BITMAXを貸し出すことができる仮想通貨貸付サービスを導入しています。

貸し手は、レンタルが有効になると、定期的にリース料を受け取ります。同社は10月7日~30日の間で、宣伝を実施し、ユーザーが年会費の10%を獲得できると発表しました。

LINEは、インスタントメッセージ配信サービスを提供するプログラムとして2011年に発行されました。このAppは、中国のWeChatや韓国のカカオと同じように機能しています。現在、LINEは約8000万人のユーザーを所有しています。

2018年、LINEはユーザーが30以上のデジタル資産を低手数料で取引できるようにする仮想通貨取引所であるLVCを創立しました。2019年までに、LINE株式会社はFSAからライセンスを受け取り、BITMAXデジタル通貨交換サービスを開始します。

この挙動により、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、XRP、ビットコインキャッシュなどの様々な仮想通貨を取引することはできます。2020年8月、LINEはBitmaxウォレット、LINEブロックチェーン、および台帳の作成を発行しました。10月までに、LVCは5つの暗号資産に関する仮想通貨の貸付サービスを提供すると発表しました。

ユーザーが万が一返金をご希望の場合は、1日以内で返金を提出することができます。最大に7日も対応できます。暗号貸付サービスの急速な成長は2020年の話題になり、劇的な進歩をしてきていました。

「LINEは、ユーザーの日常生活に活躍するブロックチェーンサービスとテクノロジーの提供に対して、絶えず努力し続けます。」と同社は述べています。

LINEは、分散型ファイナンス(DeFi)と分散型アプリケーション(DApps)への参入に引き続き注力しているようになります。現在進行中のLINEの他のプロジェクトは、電子契約サービスApp Linksign、ソーシャルネットワーキングサービス Afan、「League of Kingdoms」、「Cryptodozer」などのゲーム、Somesing と呼ばれるカラオケ App、ビデオストリーミングプラットフォーム Theta.tv などに関わっています。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,166.40 0.74%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,326.68 0.71%
  • tetherTether (USDT) $ 0.997522 0.12%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.995385 0.25%
  • bnbBNB (BNB) $ 274.40 0.68%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.447494 4.49%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.983850 1.46%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.441583 0.49%
  • solanaSolana (SOL) $ 32.87 0.07%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.060457 0.12%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。