ニュース

SECのジェイ・クレイトン氏がリップル社を訴えた後に辞任する

xrp news banner

証券取引委員会のジェイ・クレイトン会長は、リップル・ラボとその主要株主2名に対して、13億米ドル相当の会社の収益を証券提供に登録しなかった理由で訴訟を起こした後、ドナルド・トランプ大統領に辞任を申し立てました。クレイトン氏の挙動により、多くの投資家とリップルユーザーは500億米ドル以上の損失に直面しました。

クレイトン氏は辞表で、市場におけるデジタル資産に対する明確な規制の枠組みを作成することで、投資家の資産を「安全」に保つという使命を強調しました。彼はSECの会長を務めていた間、Block OneやメッセージングAppであるテレグラムなどの暗号化製品に関連する企業に対して訴訟を提出しました。

SECのこの挙動により、市場での巨額のデジタル資産が売却されました。結果として、リップルはわずか2日間でスパイラル的に50%以上下落しました。現在、XRPの価格は0.25米ドルです。リップルの他に、イーサリアムやビットコインなどの主要仮想通貨も影響を受け、価格はそれぞれ600米ドルと23,000米ドルに下落しました。

SECが提出した訴訟で、リップルが要件を遵守しなかったため、会社が投資家に提供すべき情報が足りなかったということが判明しました。

「リップル、ラーセン、ガーリングハウスは、継続的に個人投資家への数十億のXRPの提供と販売を登録できなかった理由で訴訟を提出しました。これにより、購入意欲のあるユーザーが、XRPとリップルの事業、および当社の確実な公開市場システムの基礎となるその他の重要な長期的な保護についての適切な開示が奪われた」

「登録要件は、重要な個人投資家を含む潜在的な投資家が発行会社の事業運営と財政状況に関する重要な情報を確実に把握することを目指している。ここで、リップル社とその経営者は、これらの重要な投資家に対する保護条項を何年にもわたって満たせず、投資家が知るべき情報が足りない」と主張した。

一方、リップルの共同創業者であるブラッドガーリングハウス氏は、米国の仮想通貨に関する規制は明確ではないと指摘しました。

「米国では仮想通貨に関する規制が明確になっていないという話はよく聞いた。米国のSECは、何年にもわたって何もせずに監視してきた。実際、XRPが通貨である(証券ではない)理由についての討論は、SECとほぼ3年間にわたって行われたが、明確な答えはまだない」とガーリングハウス氏は語りました。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 17,002.14 1.45%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,259.00 2.51%
  • tetherTether (USDT) $ 0.999933 0.08%
  • bnbBNB (BNB) $ 288.83 1.96%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.999631 0.12%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.999788 0.01%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.386553 1.84%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.100982 5.26%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.317299 2.92%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.910282 2.66%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。