ニュース

パウエルFRB議長、「仮想通貨を禁止する意図はない」と発言

fed chair jerome powell says en banner

米国の連邦準備制度理事会(FRB)議長であるジェローム・パウエルは、仮想通貨の使用を禁止する計画はなく、代わりに規制を行うと述べました。先週木曜日に開催された下院金融サービス委員会の会合で、パウエル氏は、代わりに規制監督が必要だと述べました。

この会議では、パンデミックに対する財務省の計画と、特定の問題にどのように対処するかが議論されました。仮想通貨の規制や禁止の見通しについての話題は、Congressional Blockchain Caucusのメンバーであるテッド・バッド議員によって持ち出されました。

バッド議員はパウエル氏に対し、「仮想通貨の使用を禁止または制限する予定があるかどうか」を尋ねたところ、パウエル氏は矛盾した回答をしました。

「仮想通貨を禁止する意図はない」と述べ、文脈が違って受け取られたかもしれない以前の会見で言い間違えたと話を進めました。「仮想通貨という言葉を文章から外すつもりはなかった」と同氏はしています。

パウエル氏は、仮想通貨を完全に禁止するつもりはなく、代わりにその使用を規制し、特にステーブルコインのようなデジタル通貨を規制するつもりであることを明らかにしました。

「中央銀行のデジタル通貨が、銀行預金のようなマネーマーケットファンドのような役割を果たすことは、かなり広く理解されていると思います。ステーブルコインは、銀行預金のようなマネーマーケットファンドのようなもので、規制を受けるのは適切なことです。同じ活動、同じ規制であるべきです」。

下院金融サービス委員会の会合は、パンデミックが起きたときの財務省の計画を議論するための集まりであるはずでした。しかし、バッド議員から早速質問が出され、1分も経たないうちに懸念が解消されました。

仮想通貨とさらなる規制の見通しについて議論することは、米国政府では前代未聞のことではありません。財務省のジャネット・イエレン長官も同様に、ステーブルコインについて話しています。彼女は、ステーブルコインの規制のためのフレームワークを使用することがいかに「重要」であるかを議論しました。

新しい規制の枠組みがいつ、どのように提示されるかについては、現在のところ更新されていません。しかし、パウエルFRB議長の発言により、米国で仮想通貨が禁止されるかどうかについての疑念は払拭されました。BTC Postでは、最新の仮想通貨のニュースや更新情報をお届けします!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,166.40 0.74%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,326.68 0.71%
  • tetherTether (USDT) $ 0.997522 0.12%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.995385 0.25%
  • bnbBNB (BNB) $ 274.40 0.68%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.447494 4.49%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.983850 1.46%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.441583 0.49%
  • solanaSolana (SOL) $ 32.87 0.07%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.060457 0.12%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。