ニュース

サイバー犯罪者のJokerStashが1億ドルのBTC収益で正式に引退

cybercriminal joker stash

地下市場で世界最大の違法クレジットカード市場として6年間運営した後、JokerStashは、ウェブサイトのジョーカーズ・スタッシュを閉鎖し、2月3日に正式に引退することにした。

「ジョーカーの引退は当然なことだ。ジョーカーズ・スタッシュが閉鎖中。何年も前に成立したとき、誰も知らなかった。今日、最大のカード/ダンプ市場の一つに成長してきた。残念ながら、もしくは幸いなことに、永遠に存在するわけではない」という声明はウェブサイトのフォーラムに掲載された。

声明では、この悪名高いカード市場は2月15日までに営業を停止する予定。ところが、ブロックチェーン分析会社であるEllipticによると、サイトはもう2月3日に閉鎖されていた。

ジョーカーズ・スタッシュは、ダークウェブで最大のカーディングサイトである。2015年以降、ユーザーはサイトで4億ドル相当のビットコイン取引を行っており、年間売上高は1億3900万ドルにも達したとEllipticは報道していた。また、ジョーカーズ・スタッシュの1枚のカードの価格は、利用可能なカードの詳細に応じて1ドルから150ドルの間でした。ユーザーは盗まれたカードデータを使って、ギフトカードを購入して現金と引換する。

ジョーカーズ・スタッシュが閉鎖する可能な理由

新型コロナウイルスの拡大から過去6か月間、ニューヨークを拠点とする、地下のカーディングショップを監視している企業であるGemini Advisoryの報告によると、ジョーカーズ・スタッシュのカード不在取引とカードによる取引(CP)が大幅に減少した。

しかし、違法な市場は過去2年間で売上高が減少している兆しが示されたため、この不振は世界的大流行だけによるものではない。Elliptic社のCEOのTom Robinsonのブログ投稿によると、これはカードによる決済の安全性の強化と不正防止技術の進歩と関係があるだろう。

ちょうど2020年12月に、国際刑事警察機構と連邦捜査局(FBI)が協力して、ジョーカーズ・スタッシュが使用するドメイン名を押収し、サイトの運営を中止しようとした。

ただし、Ellipticの報道によると、連邦政府がドメイン名を押収後もサーバーは影響を受けず、ユーザーは依然として、ダークネットへのアクセスをサポートするラウザであるTOR mirrorsを介してサイトにアクセス可能。

Robinsonはブログ投稿で、ジョーカーの引退するもう一つの理由は、サイバー犯罪者の10億ドル相当のビットコインの利益であるかもしれないと推測した。彼は、「特にビットコインの現在の市場価値が47,000ドルを突破したため、カーディングサイトが長年にわたって巨大な利益を獲得し、違法なカードディーラーのキングピンにとって、ウェブサイトを続いて運営するリスクはもう価値がない」と述べていた。

BTC Postで仮想通貨の速報を常に取得してください。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 19,534.56 2.95%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,066.88 5.54%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.09%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.997987 0.07%
  • bnbBNB (BNB) $ 212.99 2.89%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.984615 1.69%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.320780 3.43%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.449362 3.56%
  • solanaSolana (SOL) $ 31.95 9.11%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.065322 0.24%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。