ニュース

日本における仮想通貨のグリーンリスト、JVCEAが公開へ

greenlist crypto banner image

日本暗号資産取引業協会(JVCEA)によると、日本は仮想通貨の取引率を高め、仮想通貨取引に関して世界に追いつくために、新しい仮想通貨の上場承認プロセスを簡素化することを決定したとのことです。

31の取引所で構成されるこの仮想通貨団体は、2022年3月末までにビットコイン(BTC)、イーサ(ETH)、テザー(USDT)、バイナンスコイン(BNC)など18の人気デジタル資産のグリーンリストを発表する予定です。これは、日本の仮想通貨取引所がプラットフォームに追加するデジタルコインをJVCEAと審査する手間を省くことを目的としています。

リストに追加される資産は、少なくとも過去6ヶ月間に1つの取引プラットフォームに上場されたコインである必要があります。

日経アジアが発表したレポートによると、JVCEAの副会長である小田玄紀氏は、「目標は、トークンを上場するのにかかる時間をなくし、業界をグローバルスタンダードに近づけることです」と述べています。

同氏はまた、「仮想通貨が承認されるまでに長い時間がかかったため、利益を上げている暗号取引所はほんの一握りだ」とも述べ、「ユーザーも海外の取引所に集まっている」と付け加えています。

このイニシアチブは、日本の仮想通貨投資家に、ライセンスを持たない他のプラットフォームに群がることなく、国内の規制された取引所で取引するためのより多くの選択肢を提供することを目的としています。

日経アジアの報道によると、業界幹部は、アルトコインの選択肢がないため、洗練されたトレーダーがバイナンスなどの海外取引所に集まっていると指摘しています。

現在、BinanceやCoinbaseなどの取引所では、日本のトレーダーがアクセスできるポートフォリオに掲載されている数百のデジタルコインを提供しています。これに対し、日本最大の取引所である日本のライセンス仮想通貨取引所GMOコインは、20の暗号資産しかリストアップしていません。

このイニシアチブは、トークンをリストアップするのにかかる時間をなくし、業界をグローバルスタンダードに近づけると、小田氏は日経アジアからの通信に述べています。

さらに、これはJVCEAが国内の新しい取引所のために他のコインの再承認に時間を費やすよりも、新しい仮想通貨やイニシャル・コイン・オファリングの承認に多くのリソースを費やすことを後押ししているのです。

JVCEAの承認率は、特に長い審査プロセスによって、昨年2021年10月だけで80以上の申請書が承認待ちのパイプラインとなったため、同国の仮想通貨人気を高める上で障害となりました。

JVCEAは、同年の一連のハッキング事件の後、日本での仮想通貨取引を規制するために2018年に設立されました。この団体は、日本の仮想通貨業界で悪質なハッキング事件を防ぐ方法として、国内の異なる仮想通貨取引所で構成されている自主規制団体です。BTC Postを閲覧しながら、日本の仮想通貨ニュースについてもっと知ってください!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 20,076.00 3.13%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,132.30 2.54%
  • tetherTether (USDT) $ 0.999407 0%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.999415 0.12%
  • bnbBNB (BNB) $ 236.69 5.12%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.32%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.322555 1.75%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.455919 1.28%
  • solanaSolana (SOL) $ 35.72 5.72%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.067370 1.75%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。