ニュース

電力不足の中、カザフスタンの仮想通貨活動が活発化

kazakhstan crypto power shortage banner

2021年9月の中国における仮想通貨弾圧の際、仮想通貨マイナーは中央アジアのカザフスタンなど他の国に避難しました。しかし、現在の電力供給不足は、この国が仮想通貨取引のマイニングハブになる可能性を削いでいます。

かつてビットコインや他の暗号資産のマイニングハブとして活況を呈していたものが、今では政府によって課せられた電気規制ルールの中で破綻しています。

「カザフスタンでは今のところビットコインマイニングの可能性はゼロだ」と、アルマトイに拠点を置くVisor Kazakhstanという株式会社のパートナー、Almas Chukin氏はBloombergに語っています。

カザフスタンで活動する仮想通貨マイニング企業によって引き起こされた不足は、政府が2021年10月にこの業界に割り当てられた電力に100メガワット(MW)の上限を設定することを余儀なくさせました。これにより、マイニング業務に問題が発生し、同国の仮想通貨の成長が阻害されました。

仮想通貨のマイニング会社であるXiveは、昨年11月に電力が遮断された後、データセンターの1つを閉鎖することを決定しました。創業者のDidar Bekbauov氏によると、同社はすべての業務を米国に移すことを検討しています。

別の仮想通貨企業であるBitFuFuは、マイニングリグの電源を切ることを余儀なくされ、米国に避難するためにカザフスタンにすべてのリグを残しました。

国のエネルギー供給のおよそ5%が、カザフスタンに登録されている50の仮想通貨マイニングデータセンターによって消耗されました。しかし、電力網は、これらの運用だけでなく、国家からの電力需要の高まりに対応することができませんでした。

Bekbauov氏のBloombergへの発言によると、カザフスタンのマイナーたちは今、この展開に非常に不満を抱いているそうです。

「彼らはマイニングをスケープゴートにしようとしている。マイナーのせいで電力に超負荷がかかったと皆に言っている」と彼は語りました。 

カザフスタン、原子力エネルギーに目を向ける

カザフスタン、原子力エネルギーに目を向ける

電力不足が問題視される中、カザフスタン政府は旺盛な電力需要を賄うために、原子力発電計画を復活させることを検討しています。

同国のエネルギー大臣、マグズム・ミルザガリエフは、原子力発電所の候補地として現在アルマアタ地域のウルケンという村と、カザフスタン東部の都市の2カ所を検討していることを明らかにしました。

「2035年までの国の電力生産と消費の予測を立てた。国民と経済に電力を供給するために、原子力発電所を建設する必要があることは明らかです」とミルザガリエフ大臣は述べています。

同国は中国での取り締まりの後、仮想通貨産業を受け入れ、マイナーを歓迎しています。今後5年間で推定15億米ドルのマイニング事業が貢献し、さらに3億米ドルの税収が見込まれるそうです。

この計画は国内の電力需要の増加に対応するものだが、ミルザガリエフ氏は、これらの原子力発電所の建設計画が完了するまでに最大で10年かかると警告しています。

BTC Postを閲覧しながら、カザフスタンの暗号活動に関する最新の仮想通貨ニュースを追いかけましょう!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 16,840.85 0.35%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,234.43 0.61%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.06%
  • bnbBNB (BNB) $ 285.49 0.69%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.07%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.04%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.388696 2.85%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.097516 2.18%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.312371 0.98%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.896687 2.06%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。