ニュース

FSCの登録期限が迫る中、取引所は閉鎖へ

Korean exchanges about to close amidst FSC regulations

韓国の金融サービス委員会(FSC)は、9月24日までの登録期限を設定することで、仮想通貨取引所への締め付けを強化しています。特別金融取引情報法に基づく金融規制の強化が導入される中、韓国の仮想通貨業界の3分の2が閉鎖される見込みです。

FSCの期限と同じ日に取引情報法が施行されることで、登録された仮想通貨取引所は、すべての韓国の口座の活動を規制機関に報告することが期待されています。

この法律により、銀行は認証されていない取引所の活動を金融当局に報告することで、その取引を却下することもできるようになります。

コリアン・ヘラルド紙の報道によると、要件を満たせなかったすべての取引所は、期限の1週間前である9月17日(金)までに差し押さえをユーザーに通知する予定です。

韓国で運営されている63の取引所のうち、ユーザーアカウントを地元の銀行と提携するという要件を満たすことができたのは、約29の取引所だけでした。韓国の銀行の多くは、マネーロンダリングなどの違法行為に巻き込まれることを恐れて、仮想通貨業界への参加を躊躇していました。

Binanceのような海外の主要取引所は、期限の1ヶ月前に仮想通貨事業を停止する決定を発表しました。Binanceチームはプレスリリースの中で、韓国ウォンの取引ペアを取りやめることで、FSCの規制を「積極的に遵守」すると指摘しています。

FSCは、韓国で業務を停止したい取引所は、ユーザーに影響を与えない方法で行うべきだとしています。このコンプライアンスは、仮想通貨投資家が変化を理解するのに役立ち、口座から資金を引き出すことができます。

FX Streetのレポートによると、政府の行為が有効になった時点で、約26億ドルの暗号資産が失われる可能性があります。これにより、現地の取引所に上場しているキムチコインが危険にさらされる可能性があります。

しかし、これらの規制、特にBinanceの撤退は、国内の仮想通貨市場を再編成し、韓国のステーブルコインの足場を強化することだけを目的としています。

コリアンタイムズ紙によると、韓国銀行(BoK)は、ステーブルコインの評価額は他のデジタル通貨ほど変動しないため、取り締まりの中でもステーブルコインの存在感が増すだろうと述べています。

中央銀行は規制を受けて、「暗号資産が脱税、マネーロンダリング、テロ資金調達などの違法行為に結びつく恐れがある中で、世界中の政府が暗号資産に対する規制を強化する動きを見せているため、仮想通貨も成長のための構造的な限界がある」と述べています。

同機関はさらに、「ステーブルコインは、様々な目的-暗号エコシステムの確立や国境を越えた送金など-に広く利用することができます」と述べています。

BithumbやCoinoneを含む韓国のトップ4の取引所は、FSCが設定した迫り来る期限に備えて、すでに地元の銀行と提携しています。一方、Upbitは、警察と韓国インターネット・セキュリティ・エージェンシーの協力を得て、委員会の審査を受けています。

また、この取り締まりの中で、マイナーなコインが市場で上場廃止になることも予想されます。これは、リスクの高いコインが当局に承認を求めることが難しくなるためです。

BTC Postでは、韓国の仮想通貨の最新情報をご紹介しています!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 17,014.10 1.65%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,259.23 2.65%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.02%
  • bnbBNB (BNB) $ 288.48 2.24%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.999664 0.2%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.2%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.386505 2.17%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.101084 4.8%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.317607 2.8%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.912182 2.31%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。