ニュース

コソボ、電力不足を背景に仮想通貨マイニングを禁止

Kosovo Ban Crypto Mining Due To Power Shortage Banner 1280x720

コソボ経済大臣Artane Rizvanolliは1月5日(水)、地元ニュースサイトGazeta Expressが報じたように、省エネのために仮想通貨マイニングを禁止することを発表しました。報道陣への声明の中で、この決定は同国のエネルギー供給の緊急措置に関する技術委員会の勧告によるものであると説明しました。

コソボは現在、冬季のため電力不足に悩まされているため、Rizvanolli大臣は技術委員会の勧告に従いました。この委員会は、コソボ国内のエネルギー供給に関する緊急対策を打ち出すことを任務とする新設のグループです。Gazeta Expressに掲載された大臣の発表によると、コソボの法執行機関は、人々が仮想通貨の生産を停止するよう監視するとのことです。また、仮想通貨のマイニングが行われている国内のさまざまな場所を特定する予定です。

Rizvanolli大臣は、「これらの措置は、コソボ共和国の国民にこれ以上負担をかけることなくエネルギー危機を克服するために、予期せぬ、あるいは長期にわたる電力生産能力、送電能力、エネルギー流通能力の不足に対処することを目的としています」と述べています。

世界的なニュースプロバイダーであるロイターの報道によると、コソボに拠点を置くエネルギー配給会社KEDSは、同国の停電は、地元の生産能力の低さとエネルギーの輸入コストの高さが原因であると述べています。一方、価格比較サイトMoneySuperMarket.comが発見したデータによると、ビットコインのマイニングは1,173キロワット時(kWh)にも及ぶエネルギーを激しく消費しているとのことです。これは、ソーシャルネットワークのFacebookと検索エンジンのGoogleを合わせたものの8倍のエネルギーであると指摘されています。

コソボ共和国以外にも、世界のいくつかの国がマイニング関連の停電を懸念しています。そのうちの1つがイランで、冬のために自国での仮想通貨マイニングを停止しました。

イラングリッド管理会社Tavanirの取締役会長兼マネージングディレクターのMostafa Rajabi Mashhadi氏は、2021年12月27日に地元のテレビ、The Islamic Republic of Iran Broadcastingを通じて、仮想通貨マイニングセンターの認可を瞬時に停止すると発表しました。Cointelegraphによると、気温が低いため発電所の液体燃料の消費を抑えるために必要な措置だと考察しています。

最新の仮想通貨ニュースや最新情報については、BTC Postでご確認ください!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 16,992.32 0.55%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,254.18 0.96%
  • tetherTether (USDT) $ 0.999114 0.18%
  • bnbBNB (BNB) $ 288.62 0.74%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.998729 0.12%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.07%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.389334 0.83%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.100246 3.13%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.317251 1.64%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.906408 1.32%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。