ニュース

退職金を支払ったKrakenのCEO、自ら下した決断を後悔せず

Kraken Ceo News Blog Image Main 1280x720

仮想通貨取引所大手のKrakenは最近、CEOが企業文化に反対する従業員に退職金を支払うことで辞職を勧めましたが、その決断を後悔している様子はありません。

月曜日に公開されたProtocolのインタビューで、Jesse Powell氏は、自分はあまり深刻に考えず、政治的な発言をしないことを好み、その代わりに透明性を保つことを選んだと語りました。

Powell氏は同誌に対し、「私は過去に戻って態度を変えることはない。完全に検閲されるようなことはしたくない。私は、自分が考えていることを会社と共有したいのです。そして、私が人を攻撃しようと思って言っているのではないということを、会社が認めてくれることを望んでいます。」と語っています。

Krakenは同誌からのコメントの求めに、すぐには応じませんでした。

このドラマは、Powell氏が今年初め、ジェットスキーと呼ばれる、会社の価値観に合わない場合は退職を促すプログラムを社員に公開したことから始まったと、6月にニューヨーク・タイムズ紙が報じています。その報道によると、社員は6月20日までこの制度を利用することができたといいます。

この報道では、Powell氏が築き上げようとしている文化に関する社内の混乱についても詳しく述べられており、好ましい性代名詞や女性に関する「傷つける」、「卑下する」コメントについて述べた従業員へのインタビューが引用されています。

Powell氏は、職場における自己同一性とは一線を画すものであるとして、自らの姿勢を貫きました。彼は、従業員の仕事上の人格を、プロトコルに従って、ミッキーマウスを演じるディズニーランドの従業員に例えました。

「あなたの仕事は、ミッキーマウスになって、みんなにミッキーマウスだと思わせ、テーマパークにいる間は、自分のアイデンティティを後回しにすることです」と、Powell氏は言い、「そして、テーマパークを去るときには、好きな人になれるのです。」と話しています。

Powell氏は6月に31ページに及ぶ企業文化の詳細を記した文書を展開しました。そこには、「攻撃性を禁じない」といった項目があり、「多様な考え方を許容する」べきだと述べられています。

彼は6月中旬に「人々はあらゆることに誘発され、正直な議論の基本的なルールに適合することができない」とツイートしています。また、「独裁に戻る」と投稿し、評論家の反発を招きました。

これに対し、Powell氏はProtocolに対してこう語りました。「ルールがあることを横柄だとか権威主義的だと解釈する人がいるのでしょう。こういう人はどこの会社で働くのに向いているのかわからない。」

彼は、このツイートは、会社の他の人たちによって方針決定が行われたことに対するもので、「声の大きい人たちが基本的に他の人たちをかき消してしまうので、オープンな話し合いは不可能だった」と述べています。

Protocolによれば、Powell氏は「人々は少し厚かましくなければならない」と話したとされています。

「ポリシーに従う必要のない職場のようなものが当然だと感じている人たちに何と言ったらいいのかわかりません」とPowell氏は語り、「それが権威主義的に見えても、それはそれで構わないと思います。」としています。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 24,435.00 2.57%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,977.09 4.99%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.01%
  • bnbBNB (BNB) $ 330.02 2.83%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.11%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.557226 5.54%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.379480 1.43%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.16%
  • solanaSolana (SOL) $ 46.61 8.92%
  • polkadotPolkadot (DOT) $ 9.47 2.96%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。