ニュース

LBANK取引所で投資するべきか?

lbank exchange banner

LBANK取引所は、香港に拠点を置き、中国やその他のアジア市場に対応する暗号資産プラットフォームとして知られています。しかし、LBANK取引所の日本のユーザーがアクセスできるように、世界中のクライアントを受け入れられるようになっているので、サイトの対応地域はより広い範囲になります。また、このウェブサイトは英語と北京語の両方の言語に翻訳されています。

このプラットフォームは、LBANKのユーザーに暗号資産の購入から先物取引まで、幅広いサービスを提供しています。このプラットフォームの目的は、世界中のユーザーに専門的な暗号資産管理ソリューションを提供し、取引ニーズに対応することです。

LBANKの取引所ランキングは、Coinmarketcapの世界のトップパフォーマンスの暗号資産取引所のリストで上位にランクインしています。2022年10月現在、このプラットフォームは13位にランクインしています。これは、このプラットフォームのパフォーマンスが高いことを示すだけでなく、多くのユーザーが暗号資産トランザクションを行う上で、このプラットフォームに信頼を寄せていることを意味します。

ウェブサイトのインターフェイスに移動するだけで、このホームページを利用する事ができ、簡単に初心者トレーダーでもナビゲートすることができます。オプションは簡略化されているので、簡単にサイトをナビゲートすることができます。また、このモバイルアプリは、ユーザーが苦労せずに機能性をナビゲートすることができ、ユーザーフレンドリーなインターフェイスとなっています。

LBANKには、ボーナスセンターと呼ばれるユーザー向けのユニークな報酬システムもあります。これを使用すると、特定のタスクを達成するだけで追加の暗号資産を獲得することができます。この追加機能により、取引はエキサイティングなだけでなく、効率的に報酬を得ることができます。

このプラットフォームは、セキュリティも重視しています。厳重な暗号化を行っており、KYCシステムを導入して、アカウントの保護を確実にしています。さらに、ユーザーは暗号資産で取引する際に、ホットウォレットとコールドウォレットのストレージを切り替えることもできます。

LBANKは、モバイルとデスクトップの両方のデバイスでアクセスすることができます。プラットフォームはウェブに最適化されており、初心者でも経験豊富なトレーダーでも利用しやすい取引所となっています。

LBANKとは?

2015年に設立されたLBANKは、Superchains Network Technology Co. Ltd.が所有・運営する暗号資産取引所プラットフォームです。その中枢となる本社は、「暗号資産取引のメッカ」と考えられている香港に位置しています。

さらに、暗号資産は法定通貨とはみなされず、中国本土では全面的に禁止されています。香港は中国本土とは別の制度と法律があるため、国境内でLBANKは機能・運営し、世界中のクライアントにサービスを提供することができます。

この取引所の信頼性は、保有しているライセンスで測ることができます。LBANK取引所の評価は、全米先物協会(NFA)、マネーサービスビジネス(MSB)、カナダMSB、オーストラリアAUSTRACからのライセンスで保証されています。不正な取引を避けるためにプラットフォームをチェックする規制当局が存在することを知っていれば、安心して取引することができるでしょう。

LBANKのメリットとデメリット

メリットデメリット
使いやすく、分かりやすい一部の国ではアクセスできない
簡単に操作できるカスタマーサポートの遅さ
幅広い暗号資産と通貨ペアに対応している非中国語圏、非英語圏の国々に不親切なシステム
安い取引手数料支払い方法が限定されている
入金手数料無料マージン取引がない
先進的なトレーディングツール
十分な流動性の確保
アカウント作成が簡単
2ファクタ認証
ホットストレージウォレットとコールドストレージウォレット
十分な流動性の確保
ホットウォレットとコールドウォレットへのアクセス
ボーナスセンターからの利益も豊富

LBANKの特徴とサービス

その提供する内容だけでなく、取引所自体も素晴らしいものです。幸いなことに、LBANK取引所には、暗号化取引に必要なものがすべて揃っています。高度なツールから安い手数料まで、このプラットフォームでの経験は、あなたが暗号資産で取引する方法を革新するでしょう。

LBANKでは、様々な機能とサービスをご用意しています。詳しくはこちらをご覧ください。

特徴

安い手数料

LBANKでの取引はお得なものとなっています。市場にある他のプラットフォームと比較しても、取引所が請求する手数料は安いです。下記で、その詳細をご確認ください。

  • トレーディング費用 – LBANK取引所では、すべての取引に対して一律0.10%の手数料しかかかりません。これは、平均して取引ごとに0.25%の手数料を徴収する他の取引所と比較して最小限のものとなっています。
  • 入金手数料 -このプラットフォームでは、入金手数料はかかりません。
  • 出金手数料 -お客様の口座には、直接の出金手数料はかかりません。しかし、暗号資産を購入または取引したブロックチェーンネットワークによって課される手数料は発生します。
  • メイカー手数料とテイカー手数料 -指値・成行注文を行った場合、一律0.10%の手数料がかかります。

マルチデバイス対応

lbank exchange 1

LBANKは、デスクトップ、モバイル、タブレットなど、さまざまなデバイスでアクセスすることができます。さらに、ウェブサイトのユーザーインターフェイスはウェブに最適化されており、どのデバイスを使用してもページが調整されます。

ホットウォレットとコールドウォレット

lbank exchange 2

ユーザーは、LBANKのホットウォレットまたはコールドウォレットのストレージに暗号資産を保存することができます。さらにスポット、先物、グリッド、アーンのカテゴリーに細分化されているので、取引オプションで得た収益を把握することができます。

アドバンスドツール

LBANKが経験豊富なトレーダーに最適な理由の1つは、市場の動きやパフォーマンスをチェックするために使用できる高度なツールにあります。それらのツールは以下の通りです。

  • CCI – CCI(商品チャネル指数)は、トレーダーが市場の動きを追跡し、買うべきか売るべきかを示すために使用されます。さらに、トレンドの優位性を確認し、プルバックを切り分ける際にも役立ちます。
  • RSI -相対力指数またはRSIは、資産の最近の価格変動の速度と大きさを測定するために使用されます。これは、特定の暗号資産が過大評価されているか過小評価されているかを評価するのに便利です。
  • KDJ – この指標は、投資している暗号資産のトレンド方向と最適なエントリーポイントの両方を決定することで、取引を可能な限り効果的にするものです。
  • MACD – 移動平均収束/発散指標またはMACDは、暗号資産のトレンドの勢いを追跡します。これは、2つの指数移動平均の間の関係を示しています。

これらのツールとは別に、トレーダーはより高度な体験をするためにプレミアム取引ウィンドウを選択することもできます。プレミアム取引ウィンドウは、その洗練された機能で初心者にも使いやすいものとは言えないかもしれません。暗号資産取引について学べば、このウィンドウを利用することができるでしょう。

セキュリティ

LBANK取引所の評判は、そのセキュリティにも及んでいます。それは大規模かつ確立されたプラットフォームであるため、サイト上で行われるトランザクションを保護するために、そのサーバーのためのSSL暗号化を備えています。これとは別に、ユーザーは、セキュリティを確保するために、アカウントにログインする前に2ファクタ認証を受ける必要があります。

LBANKが導入しているセキュリティシステムは、その役割を十分に果たしています。2015年の設立以来、ハッキングや資金の紛失は報告されていません。

紹介プログラム

このプラットフォームには、手厚い紹介制度があります。お友達を招待して、そのお友達がスポットと先物市場で取引をするたびに最大50%の手数料を得ることができます。

アフィリエイトプログラム

LBANKは、紹介プログラムとは別に、視聴者に影響力のある人向けのアフィリエイトプログラムも用意しています。アフィリエイトに参加すると、紹介した人が行った取引に対して最大60%のコミッションを得ることができます。

サービス内容

暗号資産を購入する

lbank exchange 3

LBANKは、あなたのアカウントから直接暗号資産を購入することができる様々な支払い方法をサポートしています。クレジットカード、デビットカード、P2P送金、あるいは銀行送金を使用してデジタル資産を購入することができます。必要なのは、選択した支払い方法をアカウントに接続し、暗号資産を購入することだけです。

スポット取引

lbank exchange 4

LBANKでは、スポット取引を行うことができます。これは、リアルタイムの価格で暗号資産を売買し、短期的な利益を生み出すプロセスです。

グリッド取引

lbank exchange 5

LBANKは、設定された価格の上下に注文を出すことができるグリッド取引に対応しています。この取引では、暗号資産のボラティリティを利用して、段階的に増加および減少する価格での注文のグリッドを作成します。

先物

lbank exchange 6

LBANKでは、先物取引も可能です。先物取引とは、2人のトレーダーが将来の資産をあらかじめ決められた価格で売買する法的な契約を結ぶ取引の一種です。

Lbank earnとボーナスセンター 

lbank exchange 7

LBANK earnとボーナスセンターでは、追加で暗号資産を獲得することができます。LBANK earnについては、ウェブサイト上の暗号資産販売の特別キャンペーンを選ぶことができます。ここでは、あなたが購入する際、デジタル上で特別なオファーを提供します。

また、LBANKのボーナスセンターでは、30日以内にタスクを達成することで追加の暗号資産を獲得することができます。これらは、ウェブサイトとアプリの両方でアクセス可能なボーナスセンターのページに反映されます。

NFT

lbank exchange 8

LBANKでは、アート作品をはじめとするNFT商品を購入できるNFTマーケットを開設しています。また、プラットフォーム上で公開されている作品に入札することができるオークションマーケットにも参加することができます。

LBANKと競合他社の比較

LBANKは、競合他社とどのような関係にあるのでしょうか?プラットフォームがBitglobal、FTX、ProBit取引所と比較されるように、以下で詳細をご覧いただけます。

BitglobalとLBANKの比較

Bitglobalは、セーシェルに拠点を置く中央集権的な暗号交換プラットフォームです。LBANKと同様に、その暗号資産取引プラットフォームは、あなたが取引したい暗号資産の傾向を見ることができるチャートやグラフを備えています。

これとは別に、Bitglobalはプラットフォーム上で300以上の暗号資産をサポートしています。これはLBANKがサポートするものの2倍で、暗号資産を多様化したい場合には理想的なプラットフォームとなります。

また、プラットフォームには「ブルとベア」と呼ばれる高度な機能があり、その価格が上がるか下がると思うかに基づいて暗号資産を取引することができるインターフェイスになっています。LBANKにはこの機能はありませんが、経験豊富なトレーダーが取引に活用できる高度なツール(CCI、RSI、KDJ、MACD)でそれを補うことができます。

FTXとLBANKの比較

FTXは、暗号資産デリバティブとレバレッジ取引商品に特化した別の中央集権型プラットフォームです。ユーザーフレンドリーなインターフェイス、レバレッジ取引オプション、低い手数料体系から、初心者トレーダーにとって良い取引所です。その取引手数料はLBANKと比較して低く、メイカー手数料は0.02%、テイカー手数料は0.07%で、安さを重視して探している場合は理想的です。

LBANKのメイカーとテイカーの手数料は0.10%ですが、FTXにはない高度なツールでそれを補っています。経験豊富な暗号資産トレーダーは、これらのツールがプラットフォーム内で簡単に有効化できるので、彼らが取引した以上のものを得ることができます。

ProBitとLBANKの比較

LBANKと同様、ProBitのプラットフォームもハッキングによる侵入を受けたことがありません。これはプラットフォームの安全性を証明するものになります。さらに、LBANKのように身分を明かすかどうかを選択できるような集約的なKYCプロトコルはありません。

しかし、このプラットフォームは、あなたの銀行口座を介したり、不換紙幣と暗号資産を購入したりすることはできず、直接的に銀行預金にサポートしておりません。また、LBANKのレートと比較すると高い0.2%の取引手数料となっています。

また、LBANKが提供する暗号資産の2倍である300以上の暗号資産をサポートしています。これは、取引を多様化したい場合には有益です。

LBANKのインターフェイス:どのようなデザインになっているのか?

lbank exchange 9

ウェブサイトでは、LBANKのインターフェイスは、初心者でも操作しやすいようにわかりやすくデザインされています。

ただメニューボードをクリックするだけで、あなたが訪問したいページにリダイレクトすることができます。あなたが暗号資産を購入したい場合は、あなた専用のドロップダウンメニューをクリックし、デジタルコインを購入する支払い方法からそれを選択することができます。さらに、メニューのオプションをクリックするだけで、市場にアクセスし、暗号資産を取引することができます。

lbank exchange 10

トレーディング・プラットフォームでは、少し操作が複雑になることがあります。特に初心者トレーダーの場合、最初は学ぶのが大変な取引チャートやグラフに直面することになるでしょう。

しかし、暗号資産のグラフやトレンドの読み方のコツさえつかめば、サイト上で簡単に注文を出すことができます。

経験豊富なトレーダーは、取引プラットフォームの操作に問題はないでしょう。あなたが注文を行う際に取引機能やツールを簡単に見つけることができ、わかりやすいシンプルなデザインとなっています。高度なツールもグラフに埋め込まれているので、数回クリックするだけで切り替えることもできます。

一方、モバイルアプリは、その取引プラットフォームにグラフやチャートが配置されていません。より高度な取引を行うのであれば、デスクトップ版を利用した方がよいでしょう。しかし、あなたがチャートやグラフがどのように動作するかに精通していない初心者であれば、アプリはあなたが暗号資産取引のインとアウトを理解するための良い足がかりになるでしょう。

結論:LBANKは使い勝手の良いプラットフォームなのか?

LBANKは、初心者と経験豊富なトレーダーの両方に対応するプラットフォームです。プラットフォームはよく設計されているため、取引は複雑ではありません。また、LBANK取引所が評価されている優れたセキュリティとゼロハッキングの試みは、取引活動を行う上で中央集権的な取引所の使用を警戒している人にとって良い選択となるでしょう。

以上の点をまとめると、LBANKは使い勝手の良い取引プラットフォームだと言ってよいでしょう。特に、このプラットフォームには証拠金取引がないため、商品が制限されることがありますが、取引のためにいかにうまく設計されているかという点でそれを補っています。BTC Postのホームページでは、他の取引所についても詳細をご覧になれます!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 16,573.79 0%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,218.84 0.03%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.06%
  • bnbBNB (BNB) $ 314.63 0.6%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.06%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.11%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.403202 1.29%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.098242 6.12%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.318503 0.05%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.859369 0.27%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。