ニュース

Melanion Capital、EUでビットコイントラッカーを発売へ

french bitcoin tracker

8月4日(水)、フランスの資産運用会社Melanion Capitalは、欧州連合(EU)が規制しているビットコインの価格を監視するビットコイントラッカーの開設をウェブサイトで発表しました。Melanion Capitalは、フランスに拠点を置く非公開の投資運用会社で、フランス金融市場庁(AMF)bにより監督されています。

EUの重要な基準を満たしていることから、パリを拠点とするこのファンドマネージャーは、上場投資信託(ETF)の立ち上げに関してフランスの規制当局から承認を受けた最初の企業となりました。

Melanion Capitalは、CoinDeskによると、「欧州ではビットコインを裏付けとした上場商品が数多く上場されているが、欧州の規制当局の多くはルックスルー方式を採用しており、投資制限があるため、ほとんどの機関投資家には不適格である」と述べています。

このファンドは、ビットコインの価格と90%の関係がある最大30銘柄をフォローします。銘柄に関わるセクターには、仮想通貨マイニングやブロックチェーン技術などの仮想通貨関連セクターが含まれます。

ただし、ビットコイントークンへの投資や直接保有は予定していないため、このファンドはビットコインETFにはなりません。ビットコインではなく、Melanion BTC Equities Universe Ucits ETFは株式をベースにしており、マイニング企業のArgo Blockchain、Riot Blockchain、Hive Blockchainなどの銘柄を追跡する予定です。

「Ucitsの傘下にあるデジタル資産に焦点を当てたファンドはまだ発売されていません」と、ロンドンを拠点とするKeystone Lawのファンド弁護士であるWinston Penhallは述べています。Ucitsとは、Undertakings for the Collective Investment in Transferable Securities(譲渡可能証券の集団投資事業)の略で、EUの規格の呼び名でもあります。

Melanion CapitalのCEOであるJad Comair氏は、「従来の金融システムのほとんどのパイプは、ビットコインへのアクセスで止まっています」と語ります。さらに、「ETFは、現在ビットコインとビットコイン投資を取り巻く感性や政治的な問題から、本当に難しいものでした」とも述べています。

EUの投資家は通常、非Ucitsファンドに関しては躊躇します。このETFが承認されたことで、ファンド会社がデジタル資産の採用を模索するための創意工夫をするようになったことがわかります。

さらに、金融指標の計算や定量的な投資手法のためのソフトウェアを供給するドイツのフィンテック企業であるBita社が、ファンドのウエイトを決定します。Melanion社のETFがパリのユーロネクストに上場されると、0.75%の手数料を徴収すると言われています。上場の正確な日付はまだ明らかにされていません。その他の仮想通貨の最新情報を知りたい方は、BTC Postをご覧ください。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 17,211.96 2.23%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,280.02 3.72%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.03%
  • bnbBNB (BNB) $ 289.29 1.9%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.11%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.999996 0.11%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.391774 1.96%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.098192 2.17%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.314725 1.89%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.927452 4.38%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。