ニュース

元仮想通貨アドバイザーのマイケル・バー氏が米金融監視局トップに就任することが確定

new michael barr confirmed as top us financial watchdog

リップル社の元アドバイザーであるマイケル・バー氏が、連邦準備制度理事会(FRB)の監督担当副議長として上院の承認を得た後、米国で最も重要な規制の役割に就くことが決まったようです。

バラク・オバマ前大統領の政権下で財務省の要職を務めたバーは、米国を代表する銀行監視機関に就任し、従来の金融システムと仮想通貨(特に暗号取引の生命線であるステーブルコイン)の関わり方について発言力を持つことになります。

ジョー・バイデン大統領は4月、金融規制の中で最も強力な仕事となる可能性がある役割にバー氏を指名しました。上院は水曜日、66対28の投票で彼の指名を承認しました。FRBはウォール街の銀行を監督し、2010年のドッド・フランク法以来、金融システムで大きな役割を果たす非銀行金融機関を監督する義務も担っています。技術的にはパウエルFRB議長より上位に位置しますが、議長は金融監督事項については副議長に従うと公言しています。

バー氏は、国際標準化団体や、ステーブルコインへのアプローチを検討している米国金融安定化監視委員会で影響力のある発言力を持つことになります。もし、この審議会がトークンをシステム上重要な金融活動であると正式に宣言すれば、同審議会は証券取引委員会などのメンバー機関にトークンの規制を働きかけることができます。バー氏はまた、テラUSDの崩壊をきっかけに到着する予定で、ガードレールを設置しようとする政府の努力に燃料を供給することができます。

現在、ミシガン大学ロースクールの公共政策学部長であるバー氏は、リップルラボの諮問委員を務めており、重要な仮想通貨業界でのバックグラウンドを持ってFRBに着任することになります。彼は2015年にその仕事に就任した際、「決済のイノベーションは、金融システムをより安全にし、コストを削減し、消費者と企業のアクセスと効率を改善するのに役立つ」と考えていると述べました。

しかし、仮想通貨業界は、臆面もない味方がハンドルを握っていることに安心できないかもしれません。バー氏は、金融企業よりも個人の利益を優先し、積極的な規制を支持する消費者擁護派と広く見られています。そして、彼が仮想通貨に疑念を抱いている記録もいくつかあります。

彼が共著した2020年の論文では、ビットコイン(BTC)などの資産は 「膨大なマイニングコストが発生するだけでなく、長期的な設計においても非効率的である」という研究が引用されています。

彼の在任中に、FRBはデジタルドルを発行するかどうかも決定すると見られており、この動きは暗号業界に衝撃を与える可能性があります。バー氏の学術的研究は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)が政府の金融包摂の目的を後押しする可能性があることを示唆しています。CBDCが誕生すれば、ドルベースの民間ステーブルコインに多大な影響を与える可能性があります。

バー氏の承認は超党派の支持を受け、多くの共和党員が同氏に仕事を与えることに票を投じました。このような結果は、この重要な金融ポストにとって必ずしも確実なものではありませんでした。前回指名されたサラ・ブルーム・ラスキン氏は財務省のベテランで、すでにFRB理事を務めていたが、激しい反対運動の末に辞退せざるを得ませんでした。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 24,468.00 2.72%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,991.24 5.89%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.06%
  • bnbBNB (BNB) $ 331.74 3.57%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.07%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.561544 6.22%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.380972 1.61%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 0.999882 0.01%
  • solanaSolana (SOL) $ 46.88 9.67%
  • polkadotPolkadot (DOT) $ 9.51 3.77%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。