ニュース

COVID-19ワクチン試験の成功に関するニュースがビットコインの下落を引き起こす

news 13banner

製薬会社ファイザーがCOVID-19ワクチン試験の成功のニュースを発表したため、ビットコインの価格は11月9日に急落しました。しかしながら、仮想通貨の価格はサポートと抵抗の範囲内に留まっているため、強気の兆候を示しています。

アメリカの製薬会社ファイザーは、2020年11月9日のプレスリリースで、フェーズ3 COVID-19ワクチン試験の最初の結果が、mRNAベースのワクチン候補BNT162b2がウイルスの拡散を有効に防ぐことが判明したと発表しました。ほぼ44,000人の被験者でテストされた結果、ワクチンは90%の有効率を示しました。

ファイザーの発表と同じ日に、ビットコインと金価格は下落し、仮想通貨は6.5%、金は5%以上下落しました。4日間の15,840米ドル相当の連続下落を経験した後、ビットコインは1,000ドルを失い、14,805米ドルに下落しましたが、まだ14,000米ドルのサポート範囲内です。

急激な下落にもかかわらず、ビットコインが強気が終了することに心配する必要はありません。実際、アナリストによると、この短期的な引き戻しは、大幅な下落があっても投資家がまだ資金を撤退していないため、仮想通貨にとって有益です。つまり、ビットコインへの長期的な関心が、2017年の最初の暗号ブームの間に得られた主流の注目と比べて高まっていることは分かりました。

下落した6時間後、おそらくクジラが大量のビットコインを低価格で買い戻したため、ビットコインは15,000米ドル相当に回復しました。クジラは、大量の資産を持つ大手投資家です。その名のとおり、大量の資産を持っているため、資産の売買はチャートの動きに大きく影響します。

オンチェーンデータ分析グループCryptoQuantのキ・ヨウジュCEOによると、クジラが強気中に大量の資産を売却することは正常な挙動です。結果として、これは値下げに影響を与え、市場での買い手の需要を増加させます。その後、彼らはより低い価格で販売した資産を買い戻し、チャートを上向きに推進させます。これは、16,000米ドルでビットコインの厳しい抵抗領域を打ち負かす方法でもあります。

しかし、大手機関投資家だけがビットコインに資金を放置するわけではありません。ブロックチェーンデータ分析グループGlassnodeによると、大量のビットコインが取引プラットフォームからパーソナルウォレットに移行しています。コインを売却して即座に報酬を得る代わりに、コインを保有して長期に投資することを選択している人が増えています。

クジラや小規模投資家からのビットコインに対する楽観的な信念は、ビットコインの強気な市場がちょうど進行し続けて、まだ終わっていないことを証明しています。オンチェーンアナリストのWilly Woo氏の話によれば、「ビットコインはまだ強気のステルス段階にあります。」この点において、短期的な下落に心配する必要はありません。なぜなら、これはビットコインの投資家が価格をさらに上昇させたいという願望を示しているだけだからです。

最新の仮想通貨のニュースについては、BTC Postにアクセスすると、仮想通貨業界の最新ニューズを常に把握することはできます。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 20,141.00 3.71%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,135.00 3.32%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.11%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.06%
  • bnbBNB (BNB) $ 237.16 5.67%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.14%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.322624 2.05%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.456403 1.53%
  • solanaSolana (SOL) $ 35.78 7.01%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.067371 2.16%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。