ニュース

2022年アジア競技大会のNFTは発売後数秒で完売

NFT Asian Games 2022

2022年アジア競技大会で初めて発行されたノンファンジブルトークン(NFT)は、9月16日にAlipay(アリペイ)のプラットフォームで発売された後、数秒で完売しました。午後12時に発売された後、杭州で開催される大会のために特別にデザインされた3Dデジタルトーチトークンは、もう入手できません。

このトークンは、第19回アジア競技大会の開催まで1年を切ったことを記念して作られたもので、「Eternal Flame(永遠の炎)」と名付けられています。各トークンは、中国最大のデジタル決済プラットフォームであるアリペイを通じて、1つあたり6.05米ドルで販売されました。

アリペイの販売ページによると、2万個限定のNFTトークンは複製も編集もできません。このトークンはすべて、中国のアリババグループを通じてアリペイと提携しているAnt Groupが独自に開発したブロックチェーンに永久保存されています。

このトークンは、中国の公的機関が発行した世界初のNFT製品とされています。Global Timesの非公開内部情報によると、これは、仮想通貨領域における規制当局の態度の変化に向けた大きな意味を持っています。

「中国の規制当局の態度は、企業がコンプライアンス問題にどのように対処するかにかかっている」と同関係者は述べています。

さらに、アジア競技大会がEternal Flameトークンを開発したのと同様に、NFTが規制の行き届いた環境で開発されれば、仮想通貨の成長に拍車がかかる可能性があります。

「中国はNFTの開発に関して比較的遅れてスタートしましたが、2022年アジア競技大会で発行されるNFTは、ブロックチェーンアプリケーションがスポーツやエンターテインメント業界をどのように再構築できるかを示すもので、大きな動きを意味します」と関係者は結論づけています。

2021年初頭、アリババグループとテンセントの両社は、それぞれNFT取引プラットフォームを立ち上げました。しかし、これらのプラットフォームは、公式パートナーではなく、アーティストが発行したコレクションのみを掲載しています。

中国国外で販売されているNFTとは異なり、中国国内で販売されているEternal Torchをはじめとする様々なNFT製品は取引できません。これらは、ビットコインやイーサなどのデジタルコインではなく、中国元を使って購入するしかありません。

2022年アジア競技大会の公式主催者が発表したプレスリリースによると、このデザインは梁山泊文化から着想を得ています。ウェブサイトに記載されているように、5000年の歴史を持つ中国文明の証しでもあります。

オリジナルのトーチは、高さ730mm、重さ1,200g。これらの寸法は、トークンの真正性を保証するために、ブロックチェーンにデジタルマッピングされました。現時点では、ブロックチェーンにトークンを追加してコレクションを継続する予定はないようです。

BTC Postで仮想通貨のニュースやNFT市場の詳細を確認してください!

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 17,014.10 1.65%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,259.23 2.65%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.02%
  • bnbBNB (BNB) $ 288.48 2.24%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 0.999664 0.2%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.2%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.386505 2.17%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.101084 4.8%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.317607 2.8%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.912182 2.31%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。