ニュース

悪名高いMonkey Drainerの仮想通貨詐欺師が「シャットダウンする」とコメント

notorious monkey drainer crypto scammer shutting down banner

最も知名度の高い高額なWeb3盗難事件の背後にいる仮想通貨フィッシング詐欺師は、「もっと良いものに移る時だ」と言って、店を閉めたと主張しています。

Monkey Drainerというペンネームの詐欺師は、3月1日に彼らのTelegramチャンネルに、「すぐにシャットダウンする」と投稿し、Drainerに関連するすべての「ファイル、サーバー、デバイス」を「すぐに破壊」し、それはもう「戻ってこないだろう」と述べました。

この詐欺師は、新進の「若いサイバー犯罪者」に対して、「安易なお金の追求で自分を見失わないように」、「最高レベルの献身的な人」だけが「大規模なサイバー犯罪」組織を運営するべきだとアドバイスまでしています。

Monkey Drainerは、かつて提供していた「Venom Drainer」と名付けられた「完璧な」代替サービスまで推奨し、Monkeyの発表のわずか1日前に作られた同サービスのTelegramアカウントを指差しています。

ブロックチェーンセキュリティ会社のPeckShieldは3月1日、この1日のうちに、Monkey Drainerのウォレットが33万ドル相当の約200ETHを仮想通貨ミキシングサービスTornado Cashに入金し、資金を不明瞭にしようとしたとツイートしました。彼らのプライマリウォレットには、140万ドル相当の840ETHが残っていました。

ブロックチェーンセキュリティ会社のCertiKも3月1日のツイートでMonkeyのメッセージを共有し、彼らが提供する仮想通貨ウォレットドレインキットは、他の人がソフトウェアを使用することで盗まれた資金から30%の「手数料」を取ることが理解されていると述べています。

他のプロバイダーのウォレットドレインキットはこのモデルをコピーしており、CertiKは、Monkey Drainerが停止を発表して以来、他のベンダーがすでに要求の増加を報告していると指摘しました。

Monkey Drainerは2022年後半から運営されていると理解されており、その時から最大で1300万ドル相当の仮想通貨とノンファンジブルトークンを盗んだと推定されています。

他の模倣型フィッシング詐欺師やウォレットドレイニングキットは、もっと多くのものを盗んでいます。Web3のバグ報奨金プラットフォームImmunefiのレポートによると、2022年には39億ドル相当の仮想通貨がハッキング、詐欺、詐欺、ラグプルズによって失われたことが明らかになりました。

おそらく、ここ最近で最も注目を集めた、ウォレットドレイナーによる高額な盗難の1つは、Moonbirds NFTコレクションの共同創設者であるKevin Roseに対する1月の攻撃でした。

Rose氏は、フィッシングサイトの悪意のある署名を承認し、110万ドル以上の個人的なNFTを攻撃者に転送した後、ウォレットを流出させられました。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 56,463.00 10.48%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 3,254.58 6.47%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.08%
  • bnbBNB (BNB) $ 398.91 2.23%
  • solanaSolana (SOL) $ 110.90 9.99%
  • staked-etherLido Staked Ether (STETH) $ 3,248.94 6.47%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.559455 5.13%
  • usd-coinUSDC (USDC) $ 0.999585 0.07%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.619498 6.92%
  • avalanche-2Avalanche (AVAX) $ 39.46 7.65%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。