ニュース

OKExの操作は回復したが、出金はまだ停止中

okex coins

10月16日、大手取引所サイトOKExは、当局が三人の秘密鍵管理者の一人に取調べを要請した後、出金とその他のサービスを停止しました。5日後、取引業務を回復しましたが、出金サービスはまだ利用できません。

キーの保管者は、出金を完了するために必要な検証を持っています。三人の秘密鍵管理者の一人が検証できないと、出金サービスを処理できません。OKExは調査開始以来、関連する人物と連絡を取らず、調査事項は開示されていません。

挫折に遭遇しても、OKExは、顧客の資産が完全に安全であり、イベントの影響を受けないことを顧客に約束しました。BTCとOKExのネイティブトークンであるOKBは、出金が一時停止された直後に崩れてしまいました。

この現状において、出金が停止されただけでなく、特定の地域でのOKExの操作の大部分も一時停止されました。インド、ベトナム、中国の顧客は、サイトのP2P取引プラットフォームを利用できなくなりました。

OKExのCEOのJay Hao氏は、一時的に業務を停止する決定は、顧客のセキュリティを念頭に置いて行われたと述べました。「世界トップの取引所として、OKExは顧客の安全に侵害を絶対にもたらしません。」とJay Hao氏は仮想通貨ニュースサイトCointelegraphとのインタビューで述べていました。

事件が発生した直後に、OKExの創設者のスター・シュウに関する警察の捜査のニュースがウェブ上で広まり始めました。報道によると、OKExが出金業務を停止する1週間前に、スター・シュウが警察によって取り調べを受けていたという。中国の通信社Caixinによると、彼は明らかに疑われ、彼の仕事への報告を停止しました。

スター・シュウは取引所に所属していないため、調査の問題がOKExに関連しているかどうかは不明です。

OKExは出金以外の業務を回復した

出金停止から5日後、OKExは通常の業務を再開しましたが、出金はまだ利用できません。インド、ベトナム、中国の顧客はP2P取引プラットフォームで正常に取引を行い、ユーザーは法定通貨で仮想通貨を再び購入できます。

マルタを拠点とする取引所は、P2Pプラットフォームが10月21日に人民元、インドルピー、ドンのフラットペアの取引を再開すると発表しました。仮想通貨購入ゲートウェイもアクセス可能になりますが、仮想通貨売却オプションはまだです。

OKExの担当者は、前回の苦境が取引所とその資産を脆弱な状況に置く可能性があると述べました。ハッキング攻撃に対するセキュリティを確保するために、特定の地域における業務を停止しなければなりません。幸いなことに、ユーザーベースは資産を安全に保護する方法を知っています。現在、OKExは、取引業務を再開しても安全であるという判断を示しました。

出金が一時停止されてから3週間後、取引プラットフォームは、主要な秘密鍵管理者が参加している調査の性質に関する情報をまだ開示していません。出金はまだ停止中であり、その背後にある理由に関する信頼できる情報源がないため、噂が広まり始めています。

誤った憶測がこのままの状態で広がらないように、OKExは11月6日の公開アップデートですべての主張を否定しました。「OKEx会社に関連する当事者が拘留されたという主張を否定しました。」と取引所は公表しました。

顧客の心配をさらに和らげるために、出金が再び利用可能になると、ユーザーは資産の100%を引き出すことができるとOKExは加筆しました。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 16,840.85 0.35%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,234.43 0.61%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.06%
  • bnbBNB (BNB) $ 285.49 0.69%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.07%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.04%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.388696 2.85%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.097516 2.18%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.312371 0.98%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.896687 2.06%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。