ニュース

Paxful、エルサルバドルでビットコイン教育センターを開設

paxful bitcoin education banner image ain

グローバルなピアツーピア仮想通貨取引プラットフォームであるPaxfulは、先週2月2日(水)に新しい教育・トレーニングセンター「La Casa Del Bitcoin」を立ち上げることを発表しました。この無料の学習機会は、エルサルバドルの人々がビットコインに関する知識を広げることを目的としています。Paxfulのビットコインに関する認識を高める取り組みは、エルサルバドルが2021年9月7日にビットコインを法定通貨として採用したことに触発されたものです。

La Casa Del Bitcoinは、そのトークンであるBTCの売買のメリットなど、仮想通貨についてもっと学びたい人に向けて公開されました。毎週、特別コースをオンラインで提供する予定です。エルサルバドルにおけるビットコインの金融包摂に焦点を当てた教育ワークショップや講演も、教育センターに含まれる予定です。

PaxfulのCEO兼共同創業者であるRay Youssef氏は、Paxfulのプレスリリースで、「ビットコインがエルサルバドルやその他の国々の金融の未来を形成していることは周知の事実です。教育は引き続き世界的なビットコイン普及の重要な推進力であり、この新しいセンターは包括的な金融システムの構築におけるその重要性を表しています」と述べています。

Youssef氏は、Built With Bitcoin Foundationというビットコインやその他の仮想通貨を利用した非営利団体のエグゼクティブディレクターも務めています。米国に拠点を置くこの財団は、きれいな水、質の高い教育、持続可能な農業、人道的支援を提供することを目的としています。

Built With Bitcoin Foundationの慈善活動ディレクターであるYusuf Nessary氏は、エルサルバドルはビットコイン教育を通じて金融の自由への道を切り開いていると述べています。Built With Bitcoin FoundationとLa Casa Del Bitcoinは同じオフィスを共有し、様々なイベントやミーティングが開催される予定です。

「私たちが目撃しているのは、エルサルバドルにおける変革の瞬間です。ピアツーピア・プラットフォームは新興市場での採用を促進しており、人力によるプラットフォームとして、教育が次の採用の波に不可欠であることを理解しています」とPaxfulのラテンアメリカ成長担当ディレクターであるWill Hernandez氏は、同プラットフォームがエルサルバドルのユーザーを300%増加させた後に述べています。

セントラル・アメリカン大学世論研究所の調査結果によると、エルサルバドル人の70%が仮想通貨についてよく理解していないことを認めています。さらに20%が「ビットコインが何なのかわからない」と回答しています。

La Casa Del Bitcoinを通じてBTCを取引することのメリットについての認識が高まることで、エルサルバドルの地域社会でビットコインが大量に普及する可能性が高まります。

その他の仮想通貨に関するニュースや最新情報は、BTC Postでお読みください。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 20,008.00 0.48%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,088.47 3.81%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.17%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.12%
  • bnbBNB (BNB) $ 217.59 0.92%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.06%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.325697 2.71%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.458708 1.85%
  • solanaSolana (SOL) $ 32.47 7.35%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.066580 1.8%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。