ニュース

PaxfulのCEO、ビットコインのセルフカストディを説き、仮想通貨取引に忠告する

against crypto exchange banner

投資家が仮想通貨取引所を介して資産の証拠を要求するように、自己カストディのケースは強くなっています。いくつかのCEOは、彼らのプラットフォーム上で資金の安全性を保証するために倍増することを選択しましたが、仮想通貨取引所PaxfulのCEOであるRay Youssef氏は、1100万人以上のユーザーに対する責任を取るように自己カストディのアイデアに味方したのです。

FTXの没落は、仮想通貨取引所に資産の保護を主に託していた投資家にとって目から鱗でした。しかし、FTXのCEOであるサム・バンクマン・フリード氏は、Alameda Researchを通じてユーザーの資金を不正に流用し、この信頼を破りました。それ以来、数多くの取引所が埋蔵金の証明としてウォレット情報を公に共有しなければならなくなりました。

Youssef氏はツイートの中で、「業界の他の人たち」と距離を置き、自分は投資家の資金に決して手をつけていないと繰り返し、次のように付け加えています。

「私の唯一の責任は、みなさんを助け、奉仕することです。だから今日、私はすべての(Paxful)ユーザーに、あなたのビットコインを自己保管に移すようメッセージを送っているのです。Paxfulやどの取引所にもセービングを保管せず、ここで取引したものだけを保管すべきです。」

Youssef氏は、Paxfulを含むすべての仮想通貨取引所に仮想通貨を保管しないよう強く勧告する電子メールをユーザーに毎週送ります。この起業家はさらに、SBFのようなカストディアンを信頼することの問題点を強調し、「あなたは[…]彼らのモラルのなすがままになっている」と述べました。

サトシ・ナカモトのおかげで、ビットコインは資産として中央集権的な管理や操作から保護されています。Youssef氏は、ビットコインがもたらすこのユニークな機会について、「最終的にコントロールできるチャンスだ」と指摘しました。

彼は、ユーザーが自分の資産を完全にコントロールすることを強く勧める一方で、Youssef氏は、Paxfulにビットコインを保管することを選択した投資家のために資金の安全性を保証しました。さらに、この起業家は、ビットコインのエコシステムと比較して整合性に欠けることを理由に、取引可能な資産としてPaxfulからイーサを削除することを計画しています。

Satoshi’s Journalの創設者兼CEOであるJeremy Garcia氏がイーサリアムのプロトコルの設計の甘さを指摘した後、Paxfulからイーサを上場廃止にする計画が持ち上がったのです。

SBFは、FTXの投資家に返済するために新しいビジネスを始める計画を明らかにし、話題になりました。

「それができるのなら、私は何でもする。そして、できることならやってみたい」と、この悪名高い起業家は最近、BBCのインタビューで、FTXのユーザーに返済するために新しいビジネスを始めるかどうか尋ねられた際、こう答えています。

仮想通貨時価総額
  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 23,642.00 0.35%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 1,661.42 1.38%
  • tetherTether (USDT) $ 1.00 0.2%
  • bnbBNB (BNB) $ 327.40 3.29%
  • usd-coinUSD Coin (USDC) $ 1.00 0.09%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.412975 0.62%
  • binance-usdBinance USD (BUSD) $ 1.00 0.15%
  • cardanoCardano (ADA) $ 0.401966 0.88%
  • dogecoinDogecoin (DOGE) $ 0.092162 2.32%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 1.20 1.1%

知識を拡大し、暗号通貨業界に投資してください。